自分のパソコンのグラフィックボードの調べ方

2013年12月 2日

自分のPCのビデオカードの有無や種類を調べる方法。

CPUやOSのバージョン、メモリ容量などはマイコンピュータのプロパティから一発、その他もだいたいデバイスドライバで表示されるけれど、グラフィック機能については一手間必要。出し方を簡単に解説。

実はアンケート用の布石なので、暇ならお付き合い有れ。

スクリーンショットを撮りつつ気付いた、調べ方は以前やっておりました。 

Windows上からPCの仕様、パーツ構成を調べる方法 - BTOパソコン.jp
http://bto-pc.jp/btopc-com/repair/pc-spec-on-windows.html#sec10

画像入りで長々とやらかしているので、ここでは操作方法を簡単に。

13:37頃訂正:dxdiagをスペルミスりコピペミスっておりました。失礼。

Windows XP

  1. 「スタート」ボタンを押す
  2. 「ファイル名を指定して実行」を押す
  3. 「didiag」 「dxdiag」と入力してEnterキー
  4. タブを「ディスプレイ」へ切り替える

dxdiag-display1.jpg

デバイスの「名前」の右がグラボのメーカーとシリーズ名と型番。

Windows Vista / 7

  1. 「Windowsロゴ(スタートボタン)」を押す
  2. 検索ボックスへ「didiag」 「dxdiag」と入力してEnterキー
  3. タブを「ディスプレイ」へ切り替える

Windows 8

  1. 一応、デスクトップ画面へ移動
  2. 「Windowsキー」+「X」
    ※または画面左下で右クリック(8.1は偽スタートボタン上で右クリック)
  3. 「ファイル名を指定して実行」を押す
  4. 「didiag」 「dxdiag」と入力してEnterキー
  5. タブを「ディスプレイ」へ切り替える

名前の欄にNVIDIAまたはAMDと表示され、かつ2013年12月7日までにここを見ているなら下も引き続きお読み有れ。

 

グラボの型番アンケートにご協力ください(2013年12月)

2013年12月1日深夜より7日程度、グラボ型番アンケートを実施。グラフィックボードを搭載していない場合は回答出来ないのでスルーにて。

目的は以下が知りたい為。

  • 高性能なグラボを搭載している人の割合
  • GeForceとRadeonでどの型番が人気(普及)しているか
  • QuadroやFireProを積んでいる人はどの程度の割合なのか

過去のモデル全てを選択肢にすると数百になってしまうので、やりにくいと思うけれど手打ち入力にもご協力を。太字部分のみ。

  • DirectX系:NVIDIA GeForce GTX 660 Ti / AMD Radeon HD 6670
  • OpenGL系:NVIDIA Quadro 600 / AMD FirePro V3900

QuadroとFireProはシリーズ名から、DirectX系はGeForce、Radeonの後から。VRAM(ビデオメモリ)容量は細分化され過ぎるので省略にて。

アンケート実施中は全ページ右上、また全記事の下にリンクボタンが有るので飛んだ先で面倒ながら入力を。1問のみ。

グラボの有無やNVIDIAとAMD対決はこちら。

ビデオカードとマルチモニタに関する調査結果(2013年9月)
http://bto-pc.jp/btopc-com/select/vga-research-2013-09.html

ご協力有難う御座います。

リンク用ソース

コメント(6)

>高性能なグラボを搭載している人の割合
これについてラデはどうでもいいのでスルーしますがw
GeForceの高性能(ハイエンド)の境界線は以下で(あくまでも私見ですが)

Kepler Refresh
780Ti>TITAN>780>770までがハイエンド
760>・・・~以下省略より下はミドルレンジとローエンド

Kepler
690>680>670までがハイエンド
660Ti>660>・・・~以下省略より下はミドルレンジとローエンド

第二世代Fermi
590>580>570までがハイエンド
560Ti>560>・・・~以下省略から下はミドルレンジとローエンド

第一世代Fermi
480>470>465までがハイエンド
460>460SE>・・・~以下省略より下はミドルレンジとローエンド

200シリーズ
295>285>280>275までがハイエンド
260>250>・・・~以下省略より下はミドルレンジとローエンド

現時点のスコアがどうこうというより、主力製品として販売されていた時点でどのグレードの層で売られていたかという視点
スコアで線引してしまうとKeplerデキが凄すぎて世代が古いと最上位がミドル扱いになってしまう(580と760、470と650TiBoostが同等とか)がゆえの目安w

PCを使用し始めてから現在まで、DirectX診断ツールは幾度となく実行して来ましたけれど、一度も問題が発生したためしがないのですよね。私はドライバのバージョンを確認する際にしか使用していません。

>グラボの型番アンケート
質問には「今お使いの」とありますけれど、これは「使用しているPC1台」という解釈で良いのですかね。それとも、例えば自宅でデスクトップ、持出し用にノートPCでそれぞれにグラフィックボードが搭載されていた場合、双方とも「いま使っている2台」という事で2種を回答すれば良いのでしょうか。

>質問には「今お使いの」とあります
GeForceなら迷わず全機種羅列、RADEONなら省略するのがいいと思います(迫真)

VistaになってからDirectX診断ツールを実行する頻度は下がりましたねぇ。
グラボが搭載されているPCはこのPCだけですので、必然的に「GTX660」とのみ回答することになりました。

>高性能なグラボを搭載している人の割合

私が今使っているPCのグラボはGTX660です。
GTX660はそれほど高性能ではない気がします(ミドルクラス?)…w
それでも私的には十分なんですけどねぇ…。

>GeForceとRadeonでどの型番が人気(普及)しているか

私的には正直GeForceとかRadeonとかはどうでもいいですw
また、普及しているCPUの種類と型番も調べたら面白いと思いますw
Intel圧勝、AMD涙目になりそうですが…w

Radeonは壊れなかったのに、GeForceはなんですぐ逝ってしまうん。

ということで、
我が家ではGeForceは1年から2年で逝くので高いGPUは利用せず、1万円前後の安いGPUを使いまわすことにしてます。
補助電源をつけないやつでなんとかなるのがいいなぁ。
というのが方針。

ミドルレンジの下の方ですが、FPSをやるわけでもないんでそんなもんで間に合ってます。

ということで、アンケートに現在利用しているGeForce2つ回答しておきました。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。