Windows 10 Mobileスマホをお勧め出来ない8つの理由

2016年4月23日

Windowsスマホを利用し2ヶ月半。

通話無しプランの格安SIMで利用しておりほぼLINE専用なので使いこなしているとは言えないけれど、それ以前に使いこなせるほど便利なスマホでは無い事を体感しているので感想文。

早すぎて腐っているのだろうか。

Windows 10 Mobileスマホをお勧め出来ない8つの理由

10に合わせ無理矢理10個にしようと思ったけれど、それは何か違うと思うのでやめた。正直に8つで。

1.LINEなどの着信通知が時々機能しない

LINEとメールを連絡手段にしている人には致命的。

未だに原因不明、端末側の不具合では無くプッシュ通知ONにしているにも関わらず鳴ってくれない震えてくれないWindowsスマホ。

時々機能しないというより時々機能すると言った方が的確と思えるほど。音量は最大、設定は何度も確認しており、PC版LINEを起動していないのに何故か無視される事が多々ございます。

LINEアプリの不具合かも知れないけれど。

2.OneDriveを無線で共有する方法が不明

これが未だに解らない。何故不明かは後で書く8番が原因。

具体的にはUSB経由の有線でWindows 7 PCと接続するとデータの同期が始まるのだけれども、One Driveへログインしているのにスマホ~PCがクラウドでの同期が一向に始まらない。

WindowsスマホもAndroidのGoogleアカウントでログインすると同様、マイクロソフトアカウントでログインし、同じアカウントならばOne Driveが反応するはずなのにしない。

おまけにEdgeブラウザのブックマークも共有されない。

3.アプリが少な過ぎて使い物にならない

LINEさえ有れば困らない、そう思っていた時期が私にも有った。

暇つぶし用のゲームが欲しいならばストアを開きマイクロソフトのおすすめアプリを適当に見繕えば良いけれど、これが必要と検索しても見当たらないとか普通過ぎるのがこのスマホ。

具体的には先日仕事にて、「徒歩でどちらの道が近いか?」を急遽調べる事になり、私と別の人間が2手に別れスタート。時間では歩く速度により変わるので歩数の方がやや正確。

歩数計アプリを検索するとiOSなら無料で大量、それ以前にヘルスケアの標準機能。私のスマホは検索しても1個だけ、しかも100円、更に評価2/5という微妙さ。

4.何の機能がどこにあるのか分からない

AndroidとiOSは画面を見て触るとだいたい分かった。

しかしWindowsスマホは見た目シンプルでもパソコン並に枝分かれしまくっており、カメラ機能を探すだけで5分くらい要してしまった。

カメラに限らず何度もタップし探しまくり、もはやスマホを使っているというよりスマホに人間が使われているとさえ思うほど分からない。

Windows 7と8~10との違いと言えば分かり易いだろうか。

5.SIMカードの切替時にWi-Fi接続が必要

ハードウェア側の問題かも知れないけれど驚いた。

私は常時SIMカードを2枚挿しており、ガチで通信する際はDMM、普段は0SIMという使い分けをしております。KATANA01端末にはSIM1と2の2スロットが有るので切り替え可能。

ところが屋外のWi-Fi無し環境で0SIMからDMMへ切り替えると両方通信不能へ。再起動してみるも変化無くいずれもドコモ回線へ繋がらない。設定を見直そうとするとマイクロソフト様が「ネット繋がっていないぞ」との警告。

多くの人がファ?になるはず。ネット接続しMSのサーバ(?)に繋がらなければSIMの切り替えが出来ないという素晴らしきクソ仕様、おーいお茶吹いた。

6.スマホなのに頻繁に再起動を求められる

「Windowsだからね、仕方無い」そう思える私は洗脳済。

月に3~4回Windowsアップデートを求められる仕様は、「Windowsだからね(略」と思える人にしかおすすめ出来ない。iOSが毎月数回アップデートしてくれる感じで細切れで更新を送って来やがって戴ける鬱陶しい端末。

標準設定では深夜にアップデートするのだけれども、深夜3時でも余裕で起きている私には結構迷惑。

7.ロック画面の通知の消し方が未だに不明

画像無ければ分からないと思うので撮って来た。ロック画面下部。

消せない通知

下の吹き出しは購入直後からで何の意味が有るのか謎な上に消し方不明。LINEのログインした通知も消えない。

これは一例で有り、他にも謎の表示が随所に見られる仕様。

8.検索するとPC版Win10か旧スマホ用情報

このスマホ最大の難点がこれ。

直感で分からなければ調べれば良い、ググれカスと言いたいかも知れないけれど、ググれどもググれども出る結果は主に2つ。

  • PC版Windows 10の情報
  • 旧Windowsスマホの情報

私が求めているのは、

  • Windows 10 Mobileの情報

Windows 10というキーワードが入るとPC用の話ばかりで、スマホというキーワードを入れるとWindows Phone 8や8.1、稀に7の検索結果ばかりになってしまう。

原因はWin10スマホのユーザ数が少ないので作文する人も少なく、需要も低いので書く人も少なく、Google先生にはWindows 10と言えばPC版でWindowsスマホならば8.1以前の事だろうと認識しているのかと。

ようやくページを発見したかと思いクリックすると中身はPC版や旧スマホ用。検索でも解らないこのストレスは体験しなければ分からない。

 

Windows 10 Mobileスマホに未来は有るのか?(まとめ)

無いと思う。

で終わるのはどうかと思うので続けると、Windowsスマホ最大の利点になるはずのOne Microsoft戦略によるWindows 10シリーズでの(勘違い)シームレスの必要性を全然感じない。

PC版Windowsが10ならばスマホもWindows 10仕様が便利かも知れない、10独特の難点をカバー出来るほどに別の利点が有るならば相殺しメインPCも10にしても良いかと考えていたけれど利点が無い。

利点が無いというより利点になっていないが正確な表現。

ハンバーグとショートケーキが同じ洋食だからと同時に混ぜて食う必要性も旨味も無いと同様、パソコン用OSとスマホ用を混ぜて考える必要性も旨味も無いわけで、これはPC用とタブレット用OSを混ぜてしまった8系からのWindowsにも言える事。

AppleやGoogle、Microsoftもやっているシームレス志向により境界が無くなるデータのやり取りは確かに便利。しかしマイクロソフトがやろうとしている勘違いシームレスはウォールレスだと気付いた。

ケーキ載せハンバーグ。

この2つは分けた方が良い、混ぜる必要性は全く無い、しかしマイクロソフトはどうしても混ぜたい。混ぜてどうすれば美味くなるのか考えているもののなるわけが無かった感。

PC用としてアプリは必要では無く、スマホ用としてオフィスも必要では無く、アプリ使うならスマホ、オフィス使うならPCという使い分けをするものなのでハンバーグに生クリームとかケーキにデミグラスソースをぶっかける必要は無い。

なぜ混ぜようとしているか、その理由は?

簡単な話で、タブレット&スマホ市場に出遅れたマイクロソフトがこれら2つを奪取する為にはユーザ数が必要。マイクロソフトの武器はPC版Windowsのユーザ数なので私らにWindowsタブレットやスマホを使わせれば良いという方向性。

マイクロソフトもAndroidやiOSのようにモバイル端末に適したOSを開発すれば良かったものの時間の余裕が無くWindows 8が爆誕してしまい、その流れを受け継ぎ10の垂れ流しへ。

Windows 10というOSは、マイクロソフト様のモバイルシェア獲得とアプリ収益で食って行けるようになる為のバージョンで有り、全くユーザの事は考えていないと感じております。

遊びだとか目立ちたいならWindowsスマホでも良いけれど、普段使い用のメインスマホは素直にAndroidかiOSを選ぶが無難。

世間ではWindowsスマホの完成度が高まる方向で期待している人も存在するけれど、いくら完成度を高めようともApple Watchが意味不明デバイスな事と同様、なぜスマホでWindowsなのかが謎過ぎ、エア完成度になってしまうでしょう。

リンク用ソース

コメント(3)

ウォールレスケーキ載せハンバーグ

うーんディッシュレス いや テーブルレスかな
もう床にぶちまけて「ごはんよーっ!」とかかな


win8の時にも言われていたことですけど、そういうOSゲームということで。。。

ってなんでやねん!w

>LINEなどの着信通知が時々機能しない
逆に考えるんだ。通知が正常に機能しないなら、面倒なメッセージはWindowsPhoneのせいにして既読スルーできる、と。

>OneDriveを無線で共有する方法
Android版のアプリでは、現在でも問題なく同期されています。さすがにファイルそのものの同期ではなく、ファイルリストとしてオンライン上に保存されているファイルを表示し、利用する際はファイルを都度ダウンロードする、という方式ですが。

>歩数計アプリ
Windows10からアプリストアで検索すると、該当するのは「Active Fitness」という無料アプリ1つですね。「Pedometer」だと3つくらい見つかりましたから、検索する際は面倒ですが英語の方が見つかり易いやも。

>SIMカードの切替時にWi-Fi接続が必要
「KATANA01 SIM 切り替え」辺りで検索した記事を読む限りは、そのような手段は必要ないようですがね。皆さんSIM1をOFF→SIM2をONで接続、と問題なく接続の切り替えを行っています。ヒツジ先輩の切り替え方法が間違っているか、ハードウェア側に問題が生じているか、SIMカードの組み合わせに相性でもあるか、リアルタイムの接続切り替えにはびっくりするくらい時間が掛かるか、辺りでしょうかね。

>検索するとPC版Win10か旧スマホ用情報
もともと情報が少ないなら、いっそ「KATANA01」に限った方がストレスが溜まらないかもしれませんね。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。