中古PCパーツ通販サイトSELL MORE移転で統廃合

2017年11月 8日

SELL MORE(以下、セルモア)が終了。

セルモアとはパソコン工房を運営するユニットコムの事業の1つで、2013年5月に新ブランドとしてネット通販サイトがオープン。そして4年半が経過した2017年10月末で終わりパソコン工房が吸収。

今更中古パーツ?と思っていたので驚かない。

SELL MORE移転リニューアルフェア終了

と思っていたら再び始まった。

第二弾

第1弾はリニューアルフェアと言いつつ何も始まった気配が無く、いつ始まるのだろうと待っていたら終わった。第2弾は送料無料、但し対象商品限定という、本気で販促する気があるのか良く解らない企画。

これを書いている11月7日現在、既にセルモアのサイトはTWOTOPやfaithのごとく遺跡状態となっており、何か買おうとするとパソコン工房の販売ページへ飛ばされる仕様。

中古パソコン・スマホの販売・買取ならパソコン工房のSELL MORE
http://www.sellmore.jp/

sellmore-top

マイクロソフトのせいでPC業界が氷河期の今、縮小や統廃合は正しいと思う。

逆になぜ2014年にもなって中古パーツ売り買いし始めたのかが解らなかった。ドスパラと似た立ち位置、マウスとは違う方向性で広げようと試したのだろうか。

ユニットコムのトップページからも消滅。左が先月、右が今。

SELLMORE

source:株式会社ユニットコム

faithやTWOTOPは残しているのにセルモア消したという事は、ブランディングに失敗した歴史から消したい存在と見るべきか。

 

中古PCパーツのネット通販サイトは少ない

中古パーツといえば秋葉原現地かヤフオクくらいしか考えた事が無かったので検索もした事が無かった。改めて「中古 PCパーツ」で検索した1ページめには大きめなサイトは4件しか見当たらず。

ただ見ても面白くないので、私のPCのマザーが故障してLGA1150、インテル9シリーズのZを探しているとして。検索結果の上位から順で参ります。

ドスパラ中古販売

ドスパラ中古

source:中古パソコン通販のドスパラ

さすが老舗のパーツ屋DOS/Vパラダイス。最も見易い気がする。

ソケット以外にチップセットからも抽出可能で10件中7件が完品(付属品など全て揃っている)とされていたのでもしかすると新古品(新品ながら中古扱いにしている)なのかも知れない。

CPUやメモリなども選びやすいのでデータベースと登録が余程しっかり作られているのでしょうな。知らないけれど。

ソフマップドットコム

ソフマップ

source:ソフマップ・ドットコム

PC系の中古と言えば昔ながらと言えるほどソフマップも有名。

パーツの中古も扱っているとは知らなかった。やはりこちらもマザーボードからインテルを選びLGA1150の指定が可能。

ザッと見た感じではドスパラより在庫が少ないか。

1's PC

ワンズ

source:1's PCワンズ

これまたワンズが中古パーツ売っているとは知らず。

本業はBTOパソコンと新品パーツの販売だろうし、規模が小さめなので少ないのか、条件をLGA1150で検索すると2種類しか出て来なかった。

全商品、「売り切れの際はご容赦願います」と追記されているところから、店舗在庫との併売なのでしょう。

SELL MORE 

セルモア

さて本題のセルモア。

ページ上部のソケット別のカッコ内を見ると判る通り、やたらと0が多い。ところがLGA1151だけはなぜか潤沢で、Z170がやたら大量。

現在は既にパソコン工房へ飛ぶ仕様になっているのでセルモアで直接購入は出来なくなっております。

そして移転先のパソコン工房の中古PCパーツコーナー。

PC工房

現状では使い物にならないレベル。

マザーボードをASRockとかで選ぶわけが無く、現在は121件の中から型番を目視して脳内データベースか商品ページ単体の詳細を見て確認しなければならない。RAMPAGE V EXTREMEとか言われても不明。※詳細見てようやくX99と判った

CPUのインテルコーナーとか399件と言われてもどうやって探し出せば良いのか、メモリもDDR無印から4まで混在しており、とてもでは無いけれどカートへ入れるまで到達できない、したくない。

中古パーツやる気があるのか惰性になるか(一旦まとめ)

中古パーツ専門のセルモアが出来て4年半で終わらせ、パソコン工房へ統合した時点でのパーツの種類は多くは無く片寄っている印象。

CPUやマザーなどをソケットやチップセット別で抽出できるよう今後改善するのか、または現状維持にて実際にはパーツは実店舗で売りさばくのか。


気になる事。1つ上の画像は私が普段パソコンで利用しているChromeブラウザで表示させたもので右が切れております。パソコン工房側がデザインで横を1,200pxで固定しており、私は1,000pxくらいで見ている為。

スマホ対応したは良いけれど同時にパソコンから見づらくなってしまっては本末転倒でございましょう。なぜパソコン工房見るためにブラウザを横1200以上にしたり横スクロールしたりフルスクリーンにしてやらねばならないのか。

スマホで見る人が増えているのは判る。しかしパソコンで見ている人も居るわけで、どちらの端末からパソコンを買う人が多いか改めて考えた方が良いと思う。

逆の悪い例だと思うのはGIGAZINE。やはりこちらもスマホ対応した際にデザインが変わり、フルHDでフルスクリーンにすると記事本文が横に長すぎて読みづらい。

gigazine-fhd-view

source:IntelがAMD製GPU搭載のCore Hプロセッサ発表 - GIGAZINE

スマホ対応でMFI(モバイルファーストインデックス※検索順位を優遇される)対策は結構。Googleはスマホ対応しか見ていないのでPC表示は見づらくてもOKが現在のGoogleの方針。パソコンメインな人間にはいい迷惑。

 

PCパーツの中古品利用はアリなのか?

ジャンクを修理して1台生み出してしまうマニアな人なら、ドスパラなどの中古パーツは短期間ながら保証も付いているので価格のハードルさえ超えたなら大アリでしょう。

しかし私のような単なる少しパソコン詳しいだけならそこまでしないし出来ない。基本的に全て新品、または自分が使用していたパーツ限定で中古パーツを流用する程度で、買ってまで中古は嫌。

ところがここ数年、CPUがCore iシリーズになった頃からCPU性能は劇的には上がらず、OSが64bitでATXマザーならメモリは二桁GB搭載も普通。USBが2.0用途しか無くSSDがSATA3でも良ければ5年くらい前の規格でも現役で通用するはず。

なので現代的には、中古=型遅れ=低性能+低容量が昔ほどではなく、例として私は現在も第1世代のCore i3-560をサブ機としているし、故障しなかったなら今でもCore i7-950搭載PCをメインにしているはず。

問題は消耗、経年劣化。

中古が嫌と思う順にすると個人的には、電源>SSD>グラボ=マザー>HDD>メモリ>その他。まさか電源の中古を買うわけは無いけれど、新品がなければマザーは中古で妥協するやも知れず。X58マザーの時はしなかったけれど。

というわけで皆さんにもお聞きしてみたい。

条件はメインで使うデスクトップPCのマザーボードが故障し、新品が既に無いなら中古のマザーを買うか。そのマザーが無ければソケットが合わずCPUも巻き添えで使えなくなる、としましょう。経年は移行が微妙な3年に設定。

改めて自作率も知りたいので、PC自作しないなら「しない」で。

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。

リンク用ソース

コメント(5)

>マザーが無ければソケットが合わずCPUも巻き添え

新しく1台組むための自分への言い訳なのだが無駄に量産しているのではとの疑念を払拭できず中古マザーは無理と思いつつもう疲れたので購入当時の半額ならに一票。

中古のPCパーツはほぼ眼中に無いため、SELL MOREなるサイトは初耳。中古界隈では有名なのでしょうか。

>第2弾は送料無料、但し対象商品限定
今のところ「検索結果 1,977件 ヒット」とありますから、それなりに数はある気がしないことも無いです。ざっと見たところ、スマホが3割、CPUが2割、モニタが3割、その他2割といった印象(PC本体は除く)。

>ドスパラ中古販売
カテゴリ分けや検索機能が充実しているため、探しやすい点は良し。販売店が複数あると、同じ商品が販売店毎に分かれてズラッと並ぶのは悪し。

>ソフマップドットコム
ドスパラより全般的に高い印象しか無かったため、中古はもとより新品でもあまり探したことはありませんね。秋葉原店舗のディスプレイは豊富なため、マウスとキーボードの実機を見る際は非常に有用な店だと思いますけれど。

>CPUのインテルコーナーとか399件
懐かしのCore i7 965とか見かけました。LGA1366、Bloomfieldとか胸躍ります。要りませんけれど。

>GIGAZINE
横スクロールバーが出ないよう、自動で横幅を調整する仕様ですね。表示の拡大を続けると、右側のカレンダーやカテゴリ枠がまず消え、更に拡大すると左側にある最新ニュースのリンク枠まで消えて、記事本文のみに変化。常に全画面表示なスマホには良いのやも。私は少し読みづらく感じる次第。

>中古が嫌と思う順
私は「電源>マザー>グラボ>SSD>メモリ>HDD>光学ドライブ>CPU>PC本体>その他」ですかね。特に深い理由がある訳では無し。

>PC表示は見づらくてもOK
それどころかレスポンシブ対応さえしていればスマホ表示も見づらくてもOKだと思いますw
ウィキペディアのスマホ表示は見づらいw

>故障しなかったなら今でもCore i7-950搭載PCをメインにしているはず
同じくそう思います。
中古ショップではないですけど、ヤフオクでDELL製X58中古マザーを落札して延命してましたが、それも交換前のと同じ症状が出て1年も保ちませんでしたね・・・。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。