Windowsアップデートで再起動の対処法(2018年1月)

2018年1月 9日

久々に地雷を踏んでしまった。

2018年1月4日(日本時間5日)に撒かれたWindowsアップデートを適用すると、一部セキュリティソフトが対応しておらず、Windows起動途中に再起動を繰り返したりブルースクリーンになる模様。

スマホから見ている人用として手短に。

KB4056894による不具合

公開前追記:ゲストブックでTakaQさんが解説してくれているけれど、スマホでゲスブ行くと現在1.5~1.8MBギガ食ってしまうし、私もよく理解していないので記事ラスト付近でその件を転載。

PCや、スマホでもW-Fiなら以下のURLで直接前後の流れ読んでどうぞ。

http://bto-pc.jp/btopc-com/noindex/guestbook.html#comment-32893


Windows7以外に10でも起こるらしい。1月8日の15時頃現在私のPCでは同じ不具合が出続けております。

原因は冒頭でも書いた通りセキュリティソフトがこの更新に対応していないものがあるらしく、現時点での状況は以下の通り。

対応済

  • トレンドマイクロ(ウィルスバスター系)
  • シマンテック(ノートン系)
  • カスペルスキー

未対応

  • ESET系
  • Sophos Home
  • ウイルスセキュリティZERO
  • Microsoft Security Essentials<バカなのかな?

どのPCでも起きる不具合ではないので情報が不足している上、マイクロソフトは「うちは悪くない」のスタイルなのでWindows側がどうこうするものではないご様子。

KB4056894-ms

source:2018 年 1 月 5 日 — KB4056894 (マンスリー ロールアップ)

最近騒ぎになっているCPUの脆弱性対策らしいので急ぐ必要があったのかも知れないけれど、ユーザ視点でいうとセキュリティソフト側が対応できないほどフライングしたと思えばマイクロソフトが悪い。

 

再起動繰り返しやブルースクリーンへの対処法

この地雷を踏むと上記いずれかの症状が出るとの情報があり、私はESETを利用中なので再起動の方にハマってしまった。しかしサブPCは同じESETのバージョンでもなぜか再起動ループしせず、これはこれで原因不明。

対処は簡単、動画撮影したのでどうぞ。ESET、再起動パターン。

選択画面でセーフモード選べばOK。後は勝手に復元ポイントまでロールバックして修復が完了するはず。所要時間は私のPCで5分くらい。

何が起こっているのかは、Windowsロゴが出た後にお待ち下さいと表示されている時に突然再起動されてしまう。更新から不具合が起こり解決するまでの流れは以下。

  1. WindowsアップデートのKB4056894を適用
  2. シャットダウン中にインストールされる
  3. 次回Windows起動途中にアップデート
  4. 30%完了時に突然再起動してしまう
  5. しばらくお待ち下さいまで行くと再起動祭り開催
  6. セーフモードが選べる画面が出るので選ぶ
  7. 後は放置しておけば復元完了後に再起動され、通常起動後にも復元が実行されてKB4056894適用前の状態に戻る 

知らない人は6番でセーフモードを選ぶという発想にならないかも知れないので困っている人が居たら教えてあげましょう。セーフモードでも私が動画で選択したセーフモードとネットワークどちらでもOK。

その後どうするか?

一度失敗したためか、重要な更新にも関わらずインストールしろしろ言われない状態がこれ。

KB4056894-05

確実にしばらく保留するなら「1個の重要な更新プログラムが利用可能です」を押しましょう。下の画面になる。

KB4056894-03

右クリックして更新プログラムの非表示を選べば保留。表示が消えるわけではなく灰色になり選択できなくなる。元にもどすなら右クリックして表示。

ESET Internet Securityでの対処法は今のところない

公式より。

2018年1月4日 18時18分頃に公開された検出エンジン(ウイルス定義データベース)「16680 (20180104) 」以降が適用されていれば、本パッチに対応しております。

source:CPUの脆弱性問題に関するマイクロソフト社のパッチへのESET製品の対応状況について | ESETサポート情報

とあり、私のESETは16680より後の16699。

KB4056894-06

ビルド日の1月8日はこの記事を書いている今日なので、時間差でアップデートされたのか?と期待し問題解決したかと予想し手動でKB4056894を適用。

KB4056894-02

すると上で書いた流れ再び。16699でもダメなようで再び保留。

この時ESET~のバージョンが10、先月11が出たらしいので11へアップグレードしてみたものの相変わらずにてあきらめた。対応したと言われるまで待つか、1ヶ月後くらいにまた試してみようと思う。

TakaQさんからの追加情報(ゲストブックより転載)

ESET含め各アンチウイルスメーカーはなんも悪くなくて、KB4056894が配信されなくなっていた自社製アプリの不具合に対応して、配信が行われるようにしただけで、問題はそのKB4056894が不具合を引き起こす場合もある地雷だったこと

(中略)

各アンチウイルスメーカーはKB4056894がヤバのを知っていたから止めていたのではなくて、アプリの問題で偶然に配信されなくなってたのに対応しただけ

だからKB4056894をあてると再起動繰り返す事象と、各アンチウイルスメーカーが配信されなくなっていた問題に対処したのとは無関係ですよねというお話


下記の1と2はそれぞれ別の事象

  1. KB4056894を適用すると再起動繰り返すことがある事象
    → 原因も対応も公表されて無い
  2. KB4056894が配信されない事象
    → 配信されないアンチウイルスの各メーカーがそれぞれ対処
    → 対処されたものは配信される
    → 「1.」の事象になる端末もあるしならない端末もある

というわけでいつものやつを。

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。

リンク用ソース

コメント(20)

自宅のに加えて職場のも相当台数有るのだけれども全く発生しませんなぁ
身の回りではまだ一台も見てない
そのせいでさほど広範に出てるように思えないのだけれども実際のところどうなんですかね

発生率高いなら派手な症状だけにもそっと大手メディアが取り上げて騒いでてもいい気がするのだけれども、インプレスあたりが普通は記事上げそうなところなんだけど一向に出ない

法人用途なんか同じ環境の端末が相当揃ってるから、症状が出るなったら軒並み全部コレになるワケで、とてもじゃないけど仕事にならないだろうからサポートに山ほどコール来てると思うんですよね

世間が騒いでMSの尻叩かないと対処の出足鈍いままよね

>Windows7以外に10でも起こるらしい。
Windows10の自動アップデートを(更新パッチ別&一時的に)止めることができるツール「wushowhide.diagcab」 - ぼくんちのTV 別館
https://freesoft.tvbok.com/win10/hide_windows_updates.html

Windows10で不具合が出ている場合、こちらを参考に除外設定をしておく方がいいかもしれませんね。

ハード側の問題(SSDが逝きかけとか)の可能性は無さそうですね。
ちょっと残念。
アンケートで7%とか、先輩の周囲で16%とか、以外に高いような気がします。

残念に草

真実が必ずしも事実である必要はないんですよ(小声)

おや こんなところに財務省を説得するために有効利用できる事象が(棒

CPU脆弱性への修正含む「Windows」アップデートでAMDユーザーに不具合 - ZDNet Japan https://japan.zdnet.com/article/35112848/

Windowsロゴが表示されるものの、起動できなくなったそうです。
Windows 10なので関係ないんでしょうか。

KB4056892でした。

弊社の職場にあるPC、確認しただけで8台はESET&Win7ですけれど、今のところ問題なく全て更新OKです

自宅のWin10&ESETとWin10&Aviraも問題なし

8.1のPCはどうなのか気になるところ

Windows 7 KB4056894 bugs: BSOD, black screen, apps won't open
http://windowsreport.com/kb4056894-issues/

『AMD Athlon X2 6000+
AMD Athlon X2 4800+
AMD Athlon X2 4600+
AMD Athlon X2 BE-2400
AMD Opteron 285
AMD Turion X』

AmdのこれらのCPUでは、Windows7でも同様の事象が起きているらしいです。
こちらは、CPUが起因なんでしょうけど、それだけとも限らないのが今回の怖いところですね。

いえいえ。
伝えない自由はたびたび行使してますが、事実をねじ曲げて捏造とか、そんな事は某新聞社にお任せします。
>財務省
うちの財務省は査定が厳しく、投げ売りなんてしてくれませんので。

◆DiXiM製ツールでの不具合の続報です。

2018年1月の Windows Update の不具合情報 (1/10更新) - ぼくんちのTV 別館
https://freesoft.tvbok.com/cat97/2018/2018_01_windows_update.html

【 引用 】
『1月10日追記: Windows 7 / 8.1』
『対象OS / 対象KB
Windows 7 (KB4056894)
Windows 8.1 (KB4056895)』
『DiXiM製ツールの不具合続報』
『問題が発生するソフト
DiXiM Digital TV Plus Ver.2.2.5.2 以前
DiXiM BD Burner
DiXiM Media Server3』
『問題が発生するのは DiXiM Digital TV Plus Ver.2.2.5.2 以前。
Ver.2.3.0.8 以降であれば問題は発生しない』
【 引用 おわり 】

DiXiM製ツールで、不具合の発生するバージョンが判明したソフトが有るようです。

◆AMD関連の続報です。

マイクロソフト、一部AMDチップ搭載PCへのCPU脆弱性パッチを一時停止 - CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35112915/
『AMDは、一部の旧世代のプロセッサで、先週末にかけて発行されたMicrosoftのセキュリティ更新プログラムをインストールした後に生じる問題を認識している』

Athlon等で発生していた問題への対応のようですね。

2018年1月の Windows Update の不具合情報 (1/10更新) - ぼくんちのTV 別館
https://freesoft.tvbok.com/cat97/2018/2018_01_windows_update.html

【 引用 】
『AMD製CPU環境への配信が一時停止されました』
『配信が一時停止となる更新プログラム
KB4056894 (Windows 7)
KB4056897 (Windows 7 セキュリティのみ)
KB4056895 (Windows 8.1)
KB4056898 (Windows 8.1 セキュリティのみ)
Windows10
KB4056892 (バージョン1709)
KB4056891 (バージョン1703)
KB4056890 (バージョン1607)
KB4056888 (バージョン1511)
KB4056893 (バージョン1507)』
【 引用 おわり 】

ぇ、Windows10のバージョン多すぎ。

投機実行の脆弱性修正、Haswell世代以前では性能への影響大 ~I/O集中型アプリケーションを利用するサーバーは慎重な選択を。AMDはほぼ影響受けず - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1100287.html
今までのMSの言動からは10に移行しろ言いたいんちゃうかと思ってしまうw
まさかのAMD勝利?w

CPU脆弱性メルトダウンの対策パッチを導入したEpicのゲームサーバーのCPU使用率が爆上げ - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20180110-epic-games-meltdown-patch-performance/
実際に性能に影響が出ているようだなw

もはや「OSの自動更新」だけでは守れない? 「Meltdown」と「Spectre」のベストな対策は - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1801/10/news040.html
>ここ最近、このような「致命的に見える脆弱性」が増えてきたように思います。今回の脆弱性も、確かに大きな問題ではありますが、本稿執筆時点では攻撃コードがインターネット上にはびこっているわけでもないので、個人的には「慌てず騒がず静観する」という対応でもいいと思うのです。
ほんこれw

Intel、第8~6世代CPUで脆弱性対策後のベンチマーク結果を公開 ~性能低下はおおむね数%以内 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1100839.html
第5世代以前はどうなんでしょう?w

Ashampoo、CPU脆弱性“Spectre”“Meltdown”のGUIチェックツールを無償公開 - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1100862.html
チェックツールがでましたよw

2018/1/6からTOSHIBAのQosmio AV Centerで「不正なディスプレイドライバーまたは~、、」というエラーが出てテレビが見れない映らない | ベジママで妊娠したブログ
http://hihiirokane.com/archives/2590#Qosmio_AV_Center-3
ひとまず「KB4056894」は、非表示になさっているそうです。

Windows Update[2018/1/5: KB4056894(Win7) or - マイクロソフト コミュニティ
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/windows-update201815-kb4056894win7-or/9e2f6450-69e8-4d0e-9410-9477017566e4

「KB4056894」「KB4056892」共に、『クリーンブート環境を設定:msconfig で、Microsoftサービス以外を全て無効に設定』という方法を使っていらっしゃいます。
「KB4056894」の原因は、「DiXiM BD Burner 2011 for Buffalo」だったそうです。

> ありにゃんさん

>GUIチェックツール
Windows10では、「Windows Management Framework 5.1」のDLが不要やも。
取り敢えず動いて、脆弱!脆弱ゥ!と言われて参りましたw

原因コレじゃないですかね。一般ユーザは入れないはず。

チューナを搭載せずテレビ録画をパソコンで見る方法 - BTOパソコン.jp
http://bto-pc.jp/btopc-com/etc/dlna-tv-pc-2014.html

KB4056894を適用するとスマートビジョンが起動後、PCが落ち、エラー回復処理の - マイクロソフト コミュニティ
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-update/kb4056894%E3%82%92%E9%81%A9%E7%94%A8%E3%81%99/1b4f030e-69d6-4bb4-91a6-a1e3ec265d94

NECのPCに採用されているスマートビジョンというソフトで、例のごとく「DiXiM BD Burner・DiXiM Digital TV Plus・DiXiM Media Server3」が影響しているそうで、対応は検討中とのことです。

NVIDIA、CPUの脆弱性対応でドライバのアップデート公開 GPUは影響受けず - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1801/11/news054.html
NVIDIAまさかの大勝利?w

米グーグルのハッカー集団を震撼させた「インテル問題」の深刻度(町田 徹) | 現代ビジネス | 講談社
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54143

Intel CPU に隠された必殺技「アクセラレーション・ブースト」が発見される - Togetter
https://togetter.com/li/1190413

私でさえも完璧に理解できていませんがw
元記事を見たら筆者殿はITの専門家ではなかったw

2018年1月の Windows Update の不具合情報 (1/18追記3) - ぼくんちのTV 別館
https://freesoft.tvbok.com/cat97/2018/2018_01_windows_update.html

『BIOS更新でPCが再起動を繰り返す』
『1月12日に Broadwell と Haswelで問題が発生する旨が報告されていましたが、Ivy Bridge、Sandy Bridge、Skylake、Kaby Lake でも同様の問題が起きるケースがあることが新たに公開されました。』

『Windows10に累積更新プログラムが公開』
『バージョン1709・・・・KB4073290
バージョン1703・・・・KB4057144
バージョン1607・・・・KB4057142』
『バージョン1709の場合
一部AMD CPUの問題のみの修正です。●通常はインストール不要です』
『バージョン1703、1607の場合
●その他の不具合の修正も含まれています。』

『Windows 8.1 にオプション配信あり』
『オプション配信なので、●無理して入れる必要はありません。』

『1月15日』
『一部のAMD製CPUに向け修正プログラムが公開』
『Windows 7 / 8.1 に新しい更新プログラムが公開されています。
一部 AMD CPU で発生した 今月の更新プログラムを適用した後にWindows が起動できなくなる問題を修正した更新プログラム、との事です。』
『Windows 7 ・・・・KB4073578
Windows 8.1・・・KB4073576』
『Microsoftのページに情報が少なく、予想となってしまいますが、
AMD製CPUで KB4056894、KB4056895などを適用するとWindows が起動できなくなる環境が対象です。
恐らくAMD Opteron、Athlon、AMD Turion X2 Ultraファミリなど古いCPUが対象です。
今月分の更新プログラムで発生する問題を修正しただけ、のものだと思われます』
『脆弱性の修正 (緩和策) は KB4056894、KB4056895などの適用が必要
手元に該当するPCもなく、まだネット上の情報も乏しいため、完全に予想です』

> ありにゃん さん

>Intel CPU に隠された必殺技
AMDにも必殺技が欲しぃw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。