トラックボールM570tがチャタリングで故障しない件

2015年11月25日

ロジクールの無線トラックボール、M570t。

リネーム値上げが有ったけれど、中身はM570と同じらしいという記事を書いた時期は一昨年の12月なので約2年も前。あれから2年も経過したのかと驚くと同時に、同じ物では無さそうと思う件を報告。

違いはクリック用スイッチの耐久性。

M570tは既に1年半もの間故障していない

M570tに限らず、ロジクールのマウスやトラックボールのクリックは、比較的短期間でチャタリングという、クリックやドラッグが瞬間的に外れてしまう故障が発生。

具体的には、シングル・クリックがダブルになるとか、ドラッグしている途中で一瞬スイッチがオフとなり、意図せぬ場所へドロップしてしまうなど。

私が所有していた、リネーム前のM570故障歴がこちら。

  1. 2010年12月・・Amazonで購入
  2. 2011年03月・・故障1回目(左クリック不具合)
  3. 2011年09月・・故障2回目(右クリック不具合)
  4. 2012年01月・・故障3回目(左クリック不具合)
  5. 2012年11月・・故障4回目(左クリック不具合)
  6. 2013年03月・・故障5回目(左クリック不具合)
  7. 2013年11月・・故障6回目(左クリック不具合)
  8. 2013年12月・・保証期間終了

source:M570の耐久性は約半年、570tは価格以外同じ物らしい - BTOパソコン.jp

平均故障間隔は約5.8ヶ月、中央値4~6ヶ月なので半年未満で故障しておりました。7番の故障による修理交換からM570では無くM570tへ変更。

そのM570tも実は交換後に故障したので追加。記事にはしておりません。

  • 2014年04月・・・故障7回目(左クリック不具合)

やはり5ヶ月程度でチャタリングが発生し、この時点で保証期間の3年は超えていたので、新たにM570tを購入。

ヤマダ電機でM570t新品を購入

見えづらいけれど、右上の赤枠は2014年5月3日。ヤマダ電機で購入した理由は最安だったからだと思う。多少高くとも購入履歴を確認出来るAmazonやヨドバシで買えば良かったと反省。

さて、ヤマダ電機での購入から現在までM570tは一度も故障せず、この電池切れのお知らせを初めて見た。

バッテリ消耗サイン

何故かは、電池が切れる前に故障していた為で、今回は1年半が経過し初の電池切れ間際を体験したという。ここから更に2週間くらい使えているので、動きがおかしくなるまで使い続ける予定。

以下、M570tの公式の仕様より。

単三形乾電池1本で最大18ヶ月も使用できるので、このトラックボールが電池で動いていることを忘れてしまうかもしれません。*

* マウスの電池寿命は使用状況により異なる場合があります。

source:M570 Wireless Trackball - ロジクール

マジで18ヶ月もってしまった。

私のマウス使用頻度は結構高め。左の赤い棒。

左クリック数の1日平均 

source:クリック数とタイプ数のカウント結果発表後編(個人別) - BTOパソコン.jp

どの辺りに位置するか、円グラフも。私は左の水色、~5,000に該当。

 「左」クリック数[平均/1日]

クリック連打系のゲーマーがトラックボールを使っていないとするなら、トラックボールユーザの中ではクリック数は多い方と予想。

M570とラスト交換時のM570tまで、7台の最大寿命は10ヶ月。今回は18ヶ月も故障せず使えており電池切れへ。当然ながら今なお正常品なので18ヶ月以上故障しない予定となっております。 

というわけで、Amazonのレビューを参考に適当に書いた以前の記事、「M570とtは同じ物らしい」は撤回すべきかも知れない。

 

M570tへリネーム後の各サイトでの評価

570tへのリネーム後、耐久性が上がったのか各サイトのレビューを見て参りましょう。

価格コム

価格コムでの評価

source:価格.com - ロジクール Wireless Trackball M570t レビュー

耐久性3.83は高いとは言えないものの、M570系にしては高いと感じております。レビューの中から、耐久性をコメントで評価している人の感想を最新から3ページ目くらいまで抜粋、引用。

  • 2015年11月6日:半年使っていますが現段階で問題はありません。
  • 2015年10月26日:職場と家庭の両方で使っています。職場のほうはすでに半年経過していますが全く問題がありません。
  • 2015年9月29日:2年半でだめになりました。
  • 2015年8月18日:耐久性は良い点をあげられない。大概買い換えの原因になるのは左ボタンの不具合。
  • 2015年6月29日:購入して1か月が過ぎました。(中略)チャタリングですが、早くも左ボタンで発生!
  • 2015年6月29日:長く使用しているとチャタリングします・・・。
  • 2015年2月19日:1年ほどで故障しました。
  • 2014年11月3日:落としたりもしましたが、一年間つかえてます
  • 2014年8月12日:1年使ってるけど、まだ見た目きれい。
  • 2014年8月10日:ボタン部分は、左クリックがチャタリングするようになったため交換して貰ったことがあります。
  • 2014年7月14日:M705がクリックがダブルクリックになってしまう症状で、半年で2回交換し3回目でこのマウスに変更してもらいましたが、半年で同じ症状が、

使用頻度が違うだろうけれども、時期に関わらず相変わらずチャタっているようで、1ヶ月とか半年経過でやはり故障する模様。しかし故障しない人はしておらず、半年~2年半まで幅広い。

価格コムはレビューに生き甲斐を感じていそうなデバイス変態が多いので一概には言えないけれど、この手のレビューは悪ければ書かれる率が高く、良くて当たり前なので書かれる率が低めとするなら、割と良い評価とも言えそう。

Amazon

Amazonでの評価

source:Amazon.co.jp: LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

こちらは耐久性などの細かい評価は無く、396件全て見て行くのは無茶な為、星1つと2つの中から耐久性に関して悪いと評価されているレビューを抜粋、引用。

  • 2015年11月10日:交換品として渡されたこちらのM570tも、4年間で2度壊れました
  • 2015年10月28日:くりっく部分の作りが貧相、 大体1年半で 寿命ってところかな
  • 2015年5月9日:半年ちょっとで左ボタンのクリックが故障
  • 2014年12月17日:半年くらいで、シングルクリックがダブルクリックになる不具合が発生
  • 2014年10月10日:3ヶ月しか持たなかった
  • 2014年7月30日:交換後1年持ちませんでした
  • 2014年5月21日:買ってから1年 耐久性が低いのか?

結構長く使えている割に文句が多い、と思った私の感覚が麻痺している可能性大ですな。半年から1年半ほどで故障しているようだけれども、これは悪いと評したコメントのみなので、高評価なレビューは2~3年使えている人も居そう。

価格コムと比較すると情弱な人が多いようで、

  • 大きすぎる・・・お前の手が小さすぎる。前もってサイズ調べろ
  • すぐにゴミが溜まる・・・お前の手が汚いのだと思う
  • ホイールがゴロゴロいう・・・慣れ&慣らしが必要
  • 落としたら壊れた・・・落とすな

このような自分勝手なレビューが多く、うんざりした。

ちなみにホイールのゴロゴロ感は個体差が有り、しばらく使用すると滑らかになる物も有るので慣らしてみましょう。M570系を8台使って来た者より。

ヨドバシ.com

M570tの評価は高め。レビュー全部のページヘ行くと、他の機種まで混ざってしまいカオスなのでスルー。

 

スイッチはオムロン製では無い方が良い?(まとめ)

当記事を書き始める前はそう思ったけれど、M570でも故障しない人はしないわけで、する人は何度でもするわけで、個体差か単に今回は私というかロジクールの運が良いのか。

すぐに故障してゴミ箱へ捨てたという、短気なのか頭悪いのか解らない人も居るようだけれども、M570と同様にM570tもメーカー標準3年保証付。代替え品との交換の手間は有るけれど、3年間は正常品としての利用を保障してくれているのだから、この時点で神サポ。

以前も書いたけれど、本体のパッケージに付いている保証書は必要無く、購入証明は納品書などのスキャンでもデジカメ撮影でも良く、購入履歴やメールのキャプチャでもOKという緩さも神。※2014年11月までの話、以後は未確認

さて、スイッチはどうなっているのか。現役の正常品を分解するとあからさまにバレてしまうので、分解されている人のページより画像を1枚拝借。

Logicool_Wireless_Trackball_M570t

source:ロジクール Wireless Trackball M570t » tttっちゃtttttったりttttったいね

スイッチが夕張色になっております。意味不明失礼。同じく分解されている他のブログのページを読むと、オムロンでは無く無名な中華スイッチとの事。

M570のスイッチも参考まで。

M570の基板プリント

source:Logicoolマウスのスイッチを自力で交換し修理する方法 - BTOパソコン.jp

どちらもオムロン製で色は黒。ちなみに下が純正、上はAmazonで購入。

しつこいけれど個体差か運かは分からないけれど、私の現役M570tのみで言えば、オムロン製スイッチより夕張スイッチの方が耐久性は高いのかも知れない。

M570とM570tは同じ物では無く、オムロン製スイッチがノーブランド中華製へと劣化しているとも言えず。憶測だけれども、もしオムロン採用のM570tが壊れまくっているのなら、中華スイッチの方が当たり製品と言えそう。

もし現役M570tが購入から3年経過したなら故障しなくとも分解してみましょうか。2017年5月3日なので、1年半くらいお待ち有れ。ラスト交換時の故障したM570tは保管しておけば良かった。<阿呆なのでボール抜いて捨てた

リンク用ソース

コメント(4)

私はM570tを1年8ヶ月使用していますが、全然故障していませんよw 滑りが悪くなってきたなぁって気はしていますがw

私がいま使用中の旧式M570は、購入から3年以上は経っていますけれど、今日も元気です。稀にセンターボタンが反応しなくなるくらい。

>1年半が経過し初の電池切れ間際を体験
私はつい半年くらい前に交換しましたから、本体付属の電池で2年半くらい持ちました。ちなみに、長く使うなら100円ショップの電池は非推奨。ハズレを引くと1ヶ月で液漏れします。アタリでも半年後には液漏れする可能性高し。

>単三形乾電池1本で最大18ヶ月も使用できる
最近は1,000円のマウスでも最大12ヶ月くらいの電池持ちをアピールしていますから、18ヶ月だとそこまで大きなアピールポイントではありませんね。私の環境だと40ヶ月くらい持ちましたが。プロ仕様とかゲーム向けとかは4ヶ月とか半年とかも多いため、それに比べれば18ヶ月は長いですけれど。

>耐久性3.83は高いとは言えない
トラックボールですから、摩耗による本体の塗装ハゲや色落ち等には強いですね。底面の滑り止めゴムに摩耗が見られるため、このゴムだけ単品売りしてくれると助かる次第。

>すぐにゴミが溜まる・・・お前の手が汚いのだと思う
通常の光学マウスに慣れていると、マウスにゴミ掃除が必要、という点が面倒くさく感じるのかもしれませんね。私はキーボードのホコリ取りさえ楽しいと思えるため、マウスのゴミ掃除ごときには大したストレスを感じず。


そういえば、ワイヤレスマウスのチャタリングは「電池を抜いてから10秒間くらいクリックを連打すると直る」事もあるようですよ。本当かどうか不明ですが、マウス内部に静電気が溜まっている事で起こる電気的な不具合を解消するのだとか。ワイヤレスマウスにはアースがないから、内部に静電気が溜まりやすい云々と。

またチャタリングが発生したら試してみては。

ネットセキュリティブログ
:PCの必須パーツ!マウスにおけるチャタリング現象の防止策について
http://www.japan-secure.com/entry/blog-entry-427.html

「ワイヤレスマウス チャタリング 解決法 電池」でGoogle検索
http://www.google.co.jp/search?&q=ワイヤレスマウス+チャタリング+解決法+電池&tbm=

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。