BTOパソコン.jp内ミニアンケート調査結果(2017年1月)

2017年2月 2日

ミニアンケート調査結果、2017年1月分。

当サイトのブログ記事内で突発的にやらかしている投票の結果をまとめる記事。気まぐれで月5~7つくらいのペースにて時々記事内にアンケートを埋め込む際は投票してもらえると幸い。

ご協力有難う御座いました。

BTOパソコン.jp内ミニアンケート調査結果(2017年1月)

今回は7記事内7項目。

1.Windows利用率2020年以降の予測

mr-2017-01-01-windows

source:ブランドに頼り器用貧乏を目指すマイクロソフトWindows - BTOパソコン.jp

加速しそうなWindows離れ。

Windows使い続ける率5割行くは当然としても、他のOS検討率4割は予想外に高いと思った。「Appleさんここです」と言いたいけれど、今のAppleには期待出来ないのでGoogle先生に期待か。

マイクロソフトはIBM-DOSをパクりMS-DOSを作り、MacのOSをパクりWindowsを作った。しかしその後は新しい形のOSが出ていないので、何か勘違いして新しくしようとしている試みが現状のWindows裏目。

私はMS-DOSの頃からPC使っているけれど、Windowsへはなぜかすんなり移行できた。もしかすると、Windows 10より使いやすそうなまともなOSが出たなら、すんなりなのかも知れない。

私が古い人間なだけで、今時の若者は何でもオンライン、何でもクラウドだろうから、Windows用の資産(ソフトや周辺機器)に縛られてしていなさそうな点もマイクロソフトやばそうですな。

とっととスマホとタブレットあきらめて、2019年までに元に戻せば良いものを。GoogleはAndroidとChrome、AppleはiOSとMac OS、両社相容れないのだから、マイクロソフトはWindowsをiOSとAndroid両方と勝手に連動すれば牙城は崩れなかったはず。

2.VRは始まる前に終わっているのか?

mr-2017-01-02-vr.png

source:Gmailでサブのメールアドレスを瞬時に作成する方法など - BTOパソコン.jp

まさかの結果、VRタダでも要らない派が約半数。

普通のパソコンの定義として仮に6~7万円くらいのグラボ無しCore i3搭載PCとするならば、ヘッドマウントディスプレイだけで10万円は有り得ないわけですな。高くとも3~4万円、多くの人はそれ未満なら買うかも知れないレベル。

現状、なぜVRが流行らないかは高価すぎる事は上の結果で一目瞭然、PCに10万円以上の性能が必要、ゴーグル10万、合計20万円以上になるのだから6%くらいの需要しかカバーできていない。

しかしいくら安くなれども需要は高くて5割程度、しかもフルセット10万円未満なら欲しい人は居るとしても、実際に買うかは別の話であり、余裕で5割行かないと見るが妥当でしょうな。

ゲーセンなどで1プレイ1ステージ10分程度が100円ならば遊んでみたい。10分以上は酔うので個人的に困る。 

3.ストレージの不満は容量不足が最多

mr-2017-01-03-strage.png

source:BTOパソコン.jp内ミニアンケート調査結果(2016年12月) - BTOパソコン.jp

前回のアンケート、使用中のPCで改善したいパーツのナンバーワンとなったストレージ33%に対し、更に掘り下げストレージにどのような不満があるかをお聞きした結果。

最多は大容量化、次に低価格化とSSD化。これら3つを合わせると、低価格で大容量なSSDが欲しいという、誰もが思っていそうな不満や希望と言えそう。

2chまとめのどこかで見た、「SSDにしてもWindowsの起動が速くなるだけで期待外れ」とあったもののご冗談を。私がRAMディスクやめるほどOS上の動作が速く、特にもっさりなFirefoxの起動とかHDDでは二度と絶対やりたくないレベル。

大容量化はCドライブのSSDがデカくなれども恩恵は少ないと思うので、録画用の動画コレクションとしてHDD数十TB目指す人の可能性もありそう。 

4.ネットCMは過半数がウザくないならOK

mr-2017-01-04-cm.png

source:オートフィル機能を使うと個人情報が盗まれる危険性など - BTOパソコン.jp

大人の事情を考慮する人が多いのか、ウザくなければCMしてOK率が最多の54%となっております。全部無くなれ派も4割超えなので多いですな。

広告が無くなるとYouTubeやニコ動は有料会員専用となり、結果としてユーザが激減しコンテンツが貧弱になり廃れるだろうし、ITmediaやPC Watchはやはり有料となり失敗すれば閉鎖、すると私もネタに困るので更新が週1程度になりフェードアウト。

などと言いつつ私もアドブロックは有効にしております。但し、ITmediaとかASCIIの広告はPCや周辺機器ネタが転がっていることもあるので除外。

以前のGoogleは広告の端に「この広告は表示しない」があったけれど、今見ると広告説明ページへのリンクになっておりました。

単純に、「ウザいね!」ボタンを取り付け、表示回数、収益、ウザいね数を集計し、あまりにもウザい要素が高いならサイト管理者へ場所変えろとか警告を送ると良いのでは無かろうか。

5.ノートの2in1は多くの人が求めていない

mr-2017-01-05-2in1.png

source:レノボとNECと富士通が春モデル同時発表(2017年1月) - BTOパソコン.jp

ほらね。

しかし1万円安いなら2in1を選ばない率が想像以上に高かった。 てきとうな予想では6:4か7:3で2in1の負けかな?と思いきや、まさかの約9:1とは。

ところで何となく過去に出た大手PCメーカーの製品を思い返してみると、Windows 8が出た直後は2in1がバラバラ出たけれど、最近は10機種出たなら2in1は1つくらいな印象があるのでメーカー側も判ってやっているのやも知れず。

価格差の開きに問題がある気もするのでもう一度。2in1は画面が外れたり変形可能、普通のノートは従来の形。

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。

6.ファイルを送りたい時は添付メール

mr-2017-01-06-file.png

source:メールにファイル添付は危険?パブリッククラウドを利用? - BTOパソコン.jp

失業率9%はアベノセイなのか。いや、学生や主婦は仕事していないかも知れないので9%全てがプロの自宅警備員というわけでは無いけれど。

元ネタ再び。

だいたい、いまだにメールに様々なドキュメントを添付して送るという役所が多すぎる。

source:ぐっちー「メールに添付ファイル そろそろやめません?」 (1/2) 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版

前略お前の中ではな、というやつのようで、メールに添付ファイルそろそろどころか全然やめていない率は約7割。ではございません。

仕事していない、ファイル送る機会無しの合計約2割は無関係なのだから7対1となり、ファイル送る機会ある人は87%くらいがメールにファイルを添付しているという事に。お役所勤務率87%なわけも無し。

私は添付忘れる事があれども間違えたファイルを添付した事は無く、メーラーで送るので添付した後、送信直前に添付ファイルを直接開いて確認しております。何の問題も無い。

7.デスクトップPCは机の上?下?どこ?

mr-2017-01-07-dt.png

source:デスクトップPCの置き場所は机の上と下どちらが良い? - BTOパソコン.jp

ラストはデスクトップPCを置く位置。

上が最多になるだろうと思いきやデスクボトムが最も多く、次に上。当サイトは自作PCユーザとBTOパソコン利用率が高い為、そして条件を「自宅」としたのでスリムケースでは無くデカ太いケースの使用率が高くなり下派が多いのでしょう。

企業ならば自作は滅多に無いと思われ、少し大きめな会社なら事務機器の代理店などを通して富士通やDELLなどになり、提案はスリムケースが多いとするなら話は変わる。

だいたいデスクトップPC所有率96%は異様な高さ。しかし、デスクトップPCを持っていない人は回答していない可能性もあるので一概に変な割合とは言えず。

押し入れの中にコンセントがあり、映像出力を3画面全て無線で飛ばせるなら私もそうしたいけれど、無線は流行らず最近全然話を聞かない。

なぜ押入れやクローゼットへ入れたいかは、私はタバコやるのでPC専用押入れの方が空気がきれい、そこへまともな空気清浄機を設置してホコリ取り脱臭除菌してくれるなら大歓迎という妄想。

しかしそれやると夏場は温度がヤバそうですな。

グラボ非搭載で2GHzまでアンダークロックした4コアCPU、他の熱源はマザーやメモリなどとHDD2台程度の仕様でも、夏はクーラー無しではPC部屋へ入ると温度差が分かる。 


以上、アンケートへのご協力に感謝。調査結果のリンク一覧はこちら。次回のミニアンケート結果は来月の今頃に発表予定。

| コメント(2)

リンク用ソース

コメント(2)

>他のOS検討率4割は予想外に高いと思った
予想より20%くらい高かったです。自作ユーザが多めですから、GoogleがChromeOSをタダでばら撒いてくれる事を期待しているのでしょうか。

>VR
私がネタに出せる金は10万円前後ですね。VRに関しては「味覚以外の五感を体感できる」ことを条件に、15万円までなら出せそう。終末の度に陸海空どこへでも旅行できると考えれば、コストパフォーマンスは良さ気。

>ネットCM
私は「金を払えば排除できる広告」なら、動画広告でも歓迎です。確かニコニコ動画なんぞは、プレミアム会員だと広告非表示にできたはず。

>2in1
そら同じ値段で乗用車と水陸両用車、どちらが欲しいかと問われたら大多数は乗用車な訳で。明確な利点を感じる方しか選ばないキワモノなのですから、そこを踏まえた上で2in1ならではの魅力をアピールすれば、それなりに売れるとは思いますがね。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日まで

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。