BTOパソコン.jpアンケート調査結果(2017年7月)後編

2017年8月 5日

ミニアンケート調査結果、先月の後半分。

当サイトのブログ記事内で突発的にやらかしている投票の結果をまとめる記事。気まぐれで月5~10個くらいのペースにて時々記事内にアンケートを埋め込む際は投票してもらえると幸い。

ご協力有難うございました。

ミニアンケート調査結果(2017年7月)後編

今回も5記事内5項目。

1.LINEの調査結果が嘘くさい件

LINEの調査の信頼性について

source:LINEのインターネット利用調査結果が妙(2017年7月) - BTOパソコン.jp

凄まじい信用度の低さが浮き彫り。元ネタの画像がこちら。

年代別

あまりにもスマホ利用率が高い以上にPC利用率が低すぎる結果となっており、「私がPC利用ばかりでスマホほぼ使わないのでそう見えるのだろうか?」と思いきや、本当かよ率85%という高さ。

調査結果を信用していないのかLINEを信用していないのか、個人的にはどちらもだけれども、それにしてもLINE調べを信じていない人が多すぎて笑った。

これはネット上とかLINE経由でのアンケートでは無く、調査員が出向いた個別訪問留置調査なのでネット前提とかLINE利用者では無し。

しかしふと考えてみると、政府関係のような固い機関では無いのだから謝礼が必要になるのでは。それがまさかLINEのポイントとかコインだとしたなら半分くらい納得。

比較用として、LINEの調査より1年くらい古いけれど総務省の情報通信白書のスマホ率がこちら。最上段が日本。

総務省の情報通信白書より

source:関係情報:情報通信関連:情報通信白書平成28年版

LINEのスマホ率85%に対し総務省は60%。

但しLINEは日常的に使っている端末、総務省は所有率なので違いはあるものの、所有している率が6割なのに85%がスマホメインはおかしい。

このようなエセ情報を掴まされたアホな人がTwitterやFacebookなどでドヤりつつ拡散してウソが広まって行くのでしょうな。 

LINEの次回作に期待。

2.Amazonのプライム会員率は?

Prime会員?

source:サンワサプライより水洗いできる静音防水マウスなど - BTOパソコン.jp

思ったより高かったプライム会員率。

2割前後くらいと予想していたところ3人中1人くらいがAmazonへ毎年お布施をされている模様。いずれも税込、年間3,900円または月400円なので馬鹿高いわけではなし。

2千円行かなくとも送料無料以外のタダは、ビデオ、ミュージック、Kindle本、まれにあるプライムセールでは確かにバーゲンセール状態なのでプライム代の元は取れるのでしょう。

そういう私は無料で1ヶ月試した後は解約した経験があり、なぜプライムしないかは全ての付加サービスに興味が無い、要らないので金払うつもりがございません。

お急ぎ便しなくとも配送は現状で充分早く、唯一魅力のあるサービスは1箱290円で日用品を送ってくれるパントリーくらい。重い瓶入りの洋酒とか、かさばるインスタントやレトルトをまとめて買いたい。

関係無いけれどスパゲティはディチェコが美味いと2chで言われているものの、バリラの方が断然美味いのでディチェコファンはぜひお試しあれ。コシはディチェコ、味はバリラだと思う。

話を戻し、意外と少なかった選択肢はプライムの家族会員。

先日プライムのセールでFire 7を購入した友人は、奥方がプライム本会員で自分は家族会員にしているそうな。家族会員でも、お急ぎ便、プライム会員先行セール、パントリーは使えるとの事。

なぜそうしているかは専業主婦なので昼に映画などを見る時間がある、未就学児が居るのでアニメをFire TVで見せておけば子守が楽という発想。家族会員の方ではビデオやミュージックはタダでは無理なので本会員と家族を逆にされているわけですな。

家族会員を含めるとプライム率は36%、但しこの調査は自作PC率が過半数行ってしまうPC変態の皆様が多めな結果なので、一般的には3割も行かないはず。

3.マイニング需要や興味調査再び

ビフォー(6月27日頃)

minires-03-mining-435

アフター(7月29日頃)

マイニング需要その後

source:ツクモがマイニング用PC自作セット発売(2017年7月) - BTOパソコン.jp

興味なし率が上がりやってみたい率が低くなっているのは投票者の違いか、または今からでは遅いと感じたか。私は後者で、まだ広く知られていなかった頃に知ったならやっていたかも程度。

このような規模でやるものなのかと思えば唖然としてしまえる。

ジャンボジェット丸ごと1台使ってグラフィックボードを輸送-GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20170731-cryptocurrency-miner-rent-boeing-747/

もはやグラボ5枚挿しとか凄いなどと言っているレベルでは無し。

ここまでしなくともミドルクラスのグラボ1枚でもマイニングできない事は無いのだろうけれども、冬ならまだしも夏場に採掘目当てで24時間稼働は少々うざい。エアコン入れっぱなしつつ室温上げるモノがあるなら電気代の上乗せ分が気になる。

というわけで、利益目当てでやるなら素直に仮想通貨を直接売買した方が話が早く、やるなら無理せず余った金でギャンブルすべきでしょうな。

個人的には株とかFXや先物はまだ何か理由がありそうで投資と言えそうだけれども、仮想通貨はなぜ価値が上下するのか解らない辺りが怖い。

4.Windows 10へいつ移行する予定?

10移行時期はいつ?

source:過去3ヶ月くらいのWindows 10の状況(2017年7月) - BTOパソコン.jp

10利用率38%なので、毎月のアクセス解析よりやや低め。

これは1日単位でアクセス数が見える私にしか判らないので理由をお伝えすると、当サイトのアクセス数は土日祝日に落ちて休み明けに少し多めに出るので、職場や学校から見ている人が何割か居るはず。

その時にメインPCは自宅にあるので差が出ているのだと思うけれど、500票と1日1万強アクセスでは500の方がブレるだろうから比較にはなりませんな。

サポート終了までには移行する予定が3割、終了しても移行しない率が16%、未定15%。これら3項目が移行前なので3つに限定した分母にするとこうなる。

  • 7/8.1終了までに・・・48%
  • 移行しない・・・27%
  • 未定・・・25%

未定を除くとこう。

  • 7/8.1終了までに・・・64%
  • 移行しない・・・37%

計101%になったけれど気にせず。

おおよそ3人中2人は移行予定アリで1人はナシ。この数値は割と深刻化しそうな予感というのが、自作PC率高いPC変態率高めな当サイトでこれなので、一般PCユーザの移行しない率はもっと高くなるのでは無かろうか。

先日から何度も書いていることは、使える正常なクソ高いNECノートをサポート終了だからと新品に買い換える気になれるのだろうかという疑問。

地デジの場合はアナログ受信が終わってしまうので、テレビが単なる重いだけの物体になってしまう上、確かエコポイントとかいう疑似キャッシュバックもあったので急いで正常なテレビ捨てまくる人が続出した記憶。

Windows PCの場合は、いくらマイクロソフトが必死に呼びかけようとそれを受信するのは私らのようなハードウェアやOSに興味がある人くらいと思われ、普通の人に伝わるのだろうかとも思う。となるとポップアップ攻撃再び、か?

どうすれば良いかは2つ。

1つは中古PC屋へ買い取って貰う。Windows 7が正常動作するならば彼らMAR版という中古PC用のWindows 10ライセンスを持っているので高めに買ってくれると予想。

もう1つは、2015年7月末から2016年7月を通過しているPCならばパッケージ版Windows 10を購入して入れてしまう。無償アップグレード出来るのだから、有料版が入らない可能性は低いとして。

おまけでもう1つは、またもやマイクロソフトが10にしろしろうるさくポップアップ攻撃を仕掛けて来る予感がするので、タダにならないか待ってみる手もアリでしょうな。

5.Amazonでの返品/交換の経験率

Amazon返品経験

source:Amazonの初期不良での交換手続が神対応という話 - BTOパソコン.jp

焼酎吹きそうになった、返品交換経験率45%は高すぎでしょう。

てっきり10%行くわけないと思いフタを開けたので、何か間違えているのでは無いかと思ったもののこれが現実か。

どこで読んだか忘れたけれど、海外では通販で商品が気に入らなければ返品上等、返品率が確か10%前後という話を見た事があり、対して日本は2%未満とか。

2%未満どころか45%。

ちなみに私はAmazonがまだ洋書の専門通販だった頃から知っており、送料無料になった辺りから年間数十万円買い物しているけれど、返品や交換した経験はゼロ。

一体どのような理由で返品/交換したのか気になる多さ。

ところで返品とか交換と言えば配送。Amazonに問い合わせると交換の返送分は着払いで送ってくれとの事でヤマト運輸にて手配。あれもこのくらい安いのだろうか。

関係者によると、ヤマトはアマゾンに対して、現状単価の270~280円から470円への値上げを要請している。

source:ヤマトがアマゾンに1.7倍の運賃値上げと総量抑制を要請 | ダイヤモンド

まさか単価300円切っているとは思わなかった。

人件費以外に設備や維持費や燃料費もかかるだろうし合うわけが無い。佐川から仕事が取れたのは良いとして、なぜ270~280円で受けてしまったのか謎すぎる。


以上、アンケートへのご協力に感謝。調査結果のリンク一覧はこちら。次回のミニアンケート結果は来月の今頃に発表予定。

| コメント(5)

リンク用ソース

コメント(5)

>LINEの調査結果
そもそも調査内容について、インターネットを利用するという言葉の意味が定義付けされていませんから、結果はいくらでも操作可能ではありますね。例えば

・ブラウザを使いWebサイトを閲覧する
・オンラインゲームをプレイする
・ブラウザもしくはアプリやソフトを使い動画サイトを閲覧する
・RSSフィードを受け取る
・メールを送受信する
・ブラウザもしくはアプリやソフトを使いSNSへ投稿する
・ネットラジを聴く
・ネット銀行の口座確認や振込など行う
・アプリやソフトのオンラインアップデートを行う
・天気予報を確認する
・辞書や翻訳を行う
・ネットクーポンを利用する
・電車や車のルートを検索する

私がざっと思いつくだけでもこれだけあります。このうちスマホで使いそうな用途だけピックアップして質問項目を用意すれば、10~20%くらいの統計操作は難しくありません。という訳で私は、調査が終わり次第、質問項目を公表して欲しいと思う限り。

というか大多数が仕事をしているだろう20~50代が、PCで週に1回もメールを送受信していないなんぞあり得ないと思いますが、世間はそうでも無いのでしょうか。

>Amazonのプライム会員率
私もせいぜい2割、3割に届けば多めだなと思っていました。3割超えは驚き。私はほぼプライムビデオのために利用中。最近は何となくウルトラセブンを視聴。

>Windows 10へいつ移行する予定?
そういえば私の周囲にひとり、意図せずWin7がWin10へアップグレードし、戻し方が分からず放置していたらWin7へ戻せなくなった方が居ましたよ。メーカ製のノートPCですからリカバリは可能ですが、データは消えるためバックアップしなければ戻せない訳で、出費が必須な状況なんだとか。私的にはWin10のまま使えば良かろうと思うところですが、職場のPCはWin7ですから、自宅と職場で操作感の違うPCを使うのも不便ではありますね。

初心者中級者上級者を問わず、PCはバックアップが必要という話。むしろ手軽にリカバリできるよう、初心者こそバックアップが重要。

>焼酎吹きそうになった、返品交換経験率45%は高すぎでしょう。
てっきり10%行くわけないと思いフタを開けたので、何か間違えているのでは無いかと思ったもののこれが現実か。
どこで読んだか忘れたけれど、海外では通販で商品が気に入らなければ返品上等、返品率が確か10%前後という話を見た事があり、対して日本は2%未満とか。
2%未満どころか45%

何を驚くのか。したことがある・ないで投票を取っているのに関わらず、返品率(商品ごとの返品率)と比べるとは…
もし返品率を投票したら、数%に過ぎないと思いますね

>返品交換経験率45%は高すぎでしょう
Amazon松「返品ごときで驚いてる場合じゃないぞ(白目)」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1935015.html

>Amazonでひたすら誤表記を見つける。注文してクレーム、タダでもらう
私の時は普通に「返送費用はこちらで持つので返してください」でした。(1個注文したのに、同じもの6個入った1箱が来たからびっくりしたw)
多分、Amazon発送の時はそうなるんでしょうね。店舗出品が狙われてるのかしら。

ところで誤表記狙いで注文とかしてるけど、いらないものまでタダでもらおうとかいうの、意味がわからない。食べ物だったらまぁ食べたらいいけど、物品だったら転売狙いなのかしら。そうじゃなかったらゴミをもらうって事だと思う。

>いらないものまでタダでもらおうとかいうの、意味がわからない

最初は

「泣く子は餅を一つ余計もらえる」 的精神なのかなあ

いやいや

「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ」

のほうがシチュエーション的にはあってるとか思ったけれども

「三日も飢えた犬は、棒で打たれてもうれしがる」

のほうが真理には近いかもしれない(適当)

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。