BTOパソコン.jpミニアンケート調査結果(2017年12月)

2018年1月13日

ミニアンケート調査結果、先月分。

当サイトのブログ記事内で突発的にやらかしている投票の結果をまとめる記事。気まぐれで月5~7つくらいのペースにて時々記事内にアンケートを埋め込む際は投票してもらえると幸い。

ご協力有難う御座いました。

BTOパソコン.jp内ミニアンケート調査結果

今回は5記事内5項目。

1.会社の自分用PCロック率は約52%

パソコンのPWロックについて

source:新ATOKはパッケージ版廃止で月額制のみになるなど

意外と多いのか少ないのか判らない、ロックしている人45%。

見出しで52%とした計算は「どちらにも該当しない」と答えた、働いていないとか自分用PCない、パソコン常用していないなどの環境を除いた場合なので職場にマイPCある人限定にて。

私はロックしないし、休憩中に誰か使ってくれても良い状態にしているので問題無し。管理職専用フォルダとかグループウェアなどは毎回保存なしでパスワード打つので閉じて席を立つ感じ。とは言え、普段誰が触るでもないというグダグダな感じ。

そういうロックしない派な私でも、やはりロックはしておいた方が自分のためにも他人のためにもなると思った理由は、何らかのファイルが無い、メールが消えたなどの疑いを他人にかけずに済むため。

また、大企業なら警備員が24時間稼働かも知れないものの、私が通うような中小企業はせいぜいセコムのようなセンサー&通報~10分前後で到着か?程度なので、ソッコーで電源入れてファイル盗むどころかPC丸ごと盗まれたらアウトな辺りもやや怖い。 

やはりパスワードは掛けておきましょうか。

自分PCと自部署では明日やるとして、雇用契約書や就業規則でどの範囲までそうするかも決めるべきですな。ちなみに窓の手とか使って自動ログイン禁止にするとかも盛らねば。

更にちなみに私は職場でこのフリーソフト使っていたことがございます。ネットワーク管理者居たものの、ローカルは割とゆるゆるだった。

2.スマスピ所有+購入意欲ありは計15%程度

スマスピ普及するか調査

source:スマートスピーカーに関するアンケートへご協力を

2017年12月現在は、という事にしておきましょうか。

見出しの15%とは上から3つを合計したもので、「どちらとも言えない」から下のご意見は今のところ要ると思わない派なので、スマスピ市場は85%がスルー中。

当サイトでのアンケートなので比較的情強やガジェット好きな割合が高いとするなら、世間一般でスマスピ持っている人は7%さえ居ないはず。まあ出て3ヶ月程度で7%は勢い良い方だとも思う。

個人的に注目した箇所は2番めの「ぜひ購入したい:1%」で、あまりにも低い数値を叩き出したと感じるので、現時点では欲しい人には行き渡っているとも解釈してよろしいかと。

その次の3段目、「やや購入したい:7%」は、「何となく欲しいかも」ではないなら、迷いは価格か、または用途か、要するにコスパと必要性を考慮すると今は買うまでには至らないのだろうと思った。

スマスピは各社スタートダッシュに賭けていたかのごとく、まずはAmazon Echoがプライム会員向けにEchoドットを期間限定3,800円、次にGoogleがHomeミニを確か3,000円でやはり期間限定。そして1/8までLINEがCLOVA Friendsを2割引の約5千円としておりました。

ずるいのはLINEで、CLOVA FriendsがLINE MUSICセット6,750円、Friendsのみ8,640円の設定。なぜかセットの方が安い、本体のみは損だとして安い方を買ってしまうのでしょう。私が買うならそうする。

セットのLINE Musicが何プランか知らないが、1年で無料終わるのでプレミアムなら月額960円がスタート。解約忘れ狙いと依存狙いなのでしょう。

この売り方を上手いと取るかずるいと取るか、いつもの私なら商売のセンスありとして賞賛するものの、LINE利用しClova買うわMusic使うような属性は情弱が多いと思われ、個人的には半ば騙す気満々とも取れてしまう。もちろんLINEは悪くない。

前向きに考えると、LINEのスマスピが飛ぶように売れてくれるならユーザが増え、スマスピ全体の利用者が増えて行けば発展や進化もスピードアップしそうなので良いことでしょう。

3.Amazonのダッシュボタン怖すぎ笑えない

ダッシュボタンどう?

source:Amazonダッシュボタンは本当に便利なのかレビュー

本来は3段目以降を、「興味ない」「持ちたくない」のように分けるべきかとも思ったけれど、なにそれ怖いでひとくくりにしてみた。

結果は予想を上回る需要の無さとなっており、利用者はたったの2%、ダッシュボタン押してみたい割合も1割という低さは何となく納得。

実際に借りてボタン押してみた私も「使ってみたい」に該当するわけで、だからとは言え、「本当にボタン押すだけで買えるのか」「どのくらいの速さなのか」を見たかっただけ。

もし私がプライム会員になったとしてもダッシュボタン要るかと問われたなら要らない。なぜならパソコンから発注すれば良いだけで、何かの在庫切れが近いなら自分のPCへメッセ送ってメモしておくのでボタン押すほど急がない。

それよりも定期お届け便しかり、このダッシュボタンしかり、今いくらなのか確認せずワンタッチで発注できてしまう点が怖く、言い方を変えるとAmazonは顧客に対して卑怯すぎな印象。

元の記事でも書いた気がする、私が何年か前に定期お届け便にしたトイレットペーパーが気づけば大幅に値上がりしていた件。値下がりは教えてくれても、値上がりは内緒。汚い。

ダッシュボタンも同じで、今その商品が現在はAmazon最安や割安だろうと、いつ値上がりするか判らず、前回と価格が違えども教えてくれない(はず)。

ここが改善されなければ価格を気にする人には無理がある。逆に言えば、前回発注よりプラマイいくら、登録時いくら、をせめてスマホのアプリで通知してくれるようになれば個人的には便利なガジェットだとは思う。

但しやはりパソコンから発注するので私は要らない。スマホの画面にダッシュボタン表示するバーチャルダッシュはもっと要らない。

欲しいものリストをカテゴリ別にして在庫切れで随時発注するものフォルダを作っておけば良いだけ。こっそり値上げするAmazonは油断ならないので本当に安いか都度検索する私のような人にダッシュボタンは無理。

4.仮想通貨に関わりたくない割合は3人中2人くらい

仮想通貨投機への興味

source:仮想通貨の売買に関する調査へご協力を(2017年12月)

リアルバーチャルマネーゲーム、私も年末辺りからやらかしているので個人的に最も興味のあるアンケート。

絶対ダメな人の割合は3人中1人以上、興味ない人も含めると合計65%なので3人中2人は手を出さない可能性が高く、日本の仮想通貨市場の天井は(当サイト内調査に限ると)31~33%となっており3人中1人くらいが見込まれる予定。

いつもならここで、「当サイトの兄貴達がこの割合なら世間一般ではおそらく~」と続けるところ、この仮想通貨に関しては世間一般より上に出ているか下なのか見当がつかない。 

そう思い検索すると一般的かも知れない調査結果が0.31秒でヒット。

仮想通貨の保有・使用に興味が「ある・ややある」32.8%、「すでに持っている・使っている」人は1.6% n=384

source:お金と仮想通貨に関するアンケート調査|マーシュ

そのグラフがこちら。

mr201711money_q8

手を出している率が当サイト5%に対し、こちらの調査結果では1.6%と低め。興味ある率合計は33%くらいで当サイトも同じくらいであり、やはり天井は3人中1人くらいになりそうですな。

実際に保有する率がどこまで上がるかは不明ながら、現在1.6~5%しか参戦していないならばまだ伸びる可能性はありそう。

既に6種類のコインへぶち込んでいる立場から言わせてもらうと、昨年夏までにビグウェーブに乗った人がいわゆる勝ち組と思われ、昨年末頃の私が賭場へ躍り入った時期は第二次コインブームだと思う。

という理由は、昨年12月中旬から国内大手のZaifが新規登録パンクしているようで、私は12/12にオンラインでの申請を全て済ませた割に、1/8日現在まだ郵送による本人確認が来ておりません。12/30に簡易書留送るとかメール来たがウソくさい。

今年の始めには世界最大と言われたBittrexも新規登録オーバーフローで受付停止、続いて2位だったBINANCEが世界でトップになったと知った直後にやはり新規殺到でサーバー増強のため受付停止へ。

ビットコインのチャートしか見ていなければ上下が激しくリアルマネーぶち込むとか冗談ではないと思うだろうけれども、アルト(オルト)コイン全体のチャートを見渡すと全体的にほぼ値上がりしている事が判る、現状はヌルゲー。

興味あるならこのサイトおすすめ。

興味ないなら今後も持たない方がよろしいかと。何もしなければ失うものも何もないのだから。

ちなみに2日前JPY38万円ほどあった私の口座は今29万円。タネ銭は18万円くらいなのでわけがわからん。

5.昔の3大セキュリティメーカー状態は崩壊?

3大セキュリティソフトは健在?

source:一般用途でメモリ8GBゃ足りないのは変(特殊)だなど

その昔がいつかは私もハッキリとは覚えていない10年以上前。

まだインターネットとか無かった大昔はウィルスバスターしか知らず、初めて見たウィルスはカスケードという、黒い画面に映る白い半角英数字が滝のように流れ落ちるというやつ。

感染はしていたが実行されるタイマーが数年前だったので、日付を変更し無理やり起動させて遊んでみた、そのくらいウィルス対策ソフトは結構歴史が古い。

それからノートン、その後にマカフィーが日本へ来たのか単に私が知らなかっただけか、当時はこれら3種類のウィルス対策ソフトくらいしか無く、ウィルスバスターを例にすると年間ライセンスPC1台1万円前後、入れるとWindowsの起動から何からなにまでクソ重くなっておりました。

その3大セキュリティという言い方が今でも成り立っているかといえば上図の通り、既に数あるウィルス対策用ソフトの1つとなっているようで、ウィルスバスターはノートンより下に。

但しこの結果はやはり当サイト内での調査なのでやや特殊。完成品のPCを買うと旧3大ウィルス対策ソフトの試用版が入っている事が多いだろうから、一概に3大とは言えなくなったとは言えないかと。

というわけで検索して来た。

  • 1位 35.9% トレンドマイクロ
  • 2位 21.0% シマンテック
  • 3位 20.1% ソースネクスト

source:https://security-lab.net/securitysoft-world-share.html

現代3大はマカフィーではなくソースネクスト。

完成品はBTO以外あまり知らないのだけれども、トレンドマイクロ(ウィルスバスター系)は国内メーカー、シマンテック(ノートン系)は外資がバンドル多い印象。ソースネクスト(ウィルス何とかゼロ)は書店やコンビニでも売っているので強いのか。

セキュリティソフトで食って行くのはもう無理だろうと思っていたけれど、まだまだ何とかなりそうですな。 


以上、アンケートへのご協力に感謝。調査結果のリンク一覧はこちら。次回のミニアンケート結果は来月の今頃に発表予定。

| コメント(4)

リンク用ソース

コメント(4)

>PCロック
WinキーとLキーを同時押ししてみろ、はちょっとしたドッキリでよく使う手。ノートPCならいちいちロックせずとも、画面を閉じればスリープになりますから、復帰時にパス入力を求める設定にしておけば手間いらず。

ちなみに他の手段だと、スクリーンセイバーの復帰時にパスを入力する設定に変える、という手もあり。スクリーンセイバーの実行ファイルは、基本的に「Windows\System32」のフォルダに入っている、拡張子が「.scr」のファイルがそれ。独自のスクリーンセイバーを使う気が無いなら、これらのショートカットをデスクトップにでも作ればOK。

NEC LAVIE公式サイト - Windows10でスクリーンセイバーを設定する方法
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=017754

>スマスピ所有+購入意欲ありは計15%程度
所有率7%は想像の2倍くらい多い。個人的には30%くらいが天井かなと思っていますが、使用率ではなく単純に所有率なら、価格も安めですし40%くらいまでは行くやも。

>CLOVA Friends
あの出来の悪いコケシみたいなスマートスピーカですか。どれだけ価格が安く高性能でも、デザインが幼児向けで買う気が起きません。あんなモンをリビングに置いたらインテリアセンスを疑われます。

声の届く場所なら本体を見ずに操作できることが最大の特長なのに、自分の存在をアピールするデザインにするとは愚行、と私は思っています。

>仮想通貨
個人的にゲームは負ける確率が5割を超えていないと面白くないため、しばらくは勝ち確の現状、ビットコイン系統はあまり食指が動きません。やるならマザーズとかジャスダックのグロースとかで成長しそうな会社に突っ込んだ方が面白い。

儲けを度外視で、投資金額の変化を楽しむゲームならアリですがね。条件は「投資した金は100倍になろうが絶対に使わない」とか「追加で資金を投入しない」とかで。

>3位 20.1% ソースネクスト
思ったより10%くらい多いシェア。家電量販店で大量に置かれていますし、パッケージの「更新料0円」のインパクトが強いのやも。

ウイルスセキュリティは性能を問題視する方も多いですが、動作の軽快さに関しては昔から抜きん出ていましたね。マルウェア性能を重視するなら、BitDefenderのエンジンを使ったスーパーセキュリティとやらの方を選ぶと良いやも。

何かホワイトリスト機能が上手く働くようになったため、自宅の私用PCはAviraで問題なし。仕事用はESETのNOD32をずっと使用中。

>5.昔の3大セキュリティメーカー状態は崩壊?

わからない/セキュリティソフト入れてない が7%いますが、
入れてない、若しくは対応してないセキュリティソフトの場合
今月のマンスリーロールアップが出てこないようです。
入れてない人はとりあえずMicrosoft Security Essentialsでも入れておけばいいみたいですよ。

ソースは5ch下記スレッドの860番以降。
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/win/1515258298/

>値下がりは教えてくれても、値上がりは内緒
カートに入れて、「あとで買う」の方に移動しておくと、上下問わず価格の変動が有ると「カート内の商品に関する重要なお知らせ」というのがページ先頭に表示されます。
ただし、カートのページを表示した時か、更新した時に限られまっする。
「あとで買う」には、価格調整用(2000円超え用)の商品を、入れています。雑誌を買った時に、ついでに買い物をしているので調整はほとんどした事が有りませんw

Amazon.co.jpの“全品送料無料”が終了、書籍除き2000円未満の注文は送料350円が必要に -INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/751917.html
『書籍とAmazonギフト券の送料については、2000円未満の場合でも無料』

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。