アクティブなネット利用者の実態調査結果(2017年8月)

2017年8月12日

端末の利用や所有に関する調査結果。

先月末より今月10日頃まで開いていたアンケートで、LINEによるインターネットの利用環境調査が何かおかしいという疑問から、当サイトでも似た内容で皆さんへ聞いてみた。

ご協力有難うございます。

アクティブなネット利用者の実態調査結果

まずは悲しいお知らせから。

以前上げたミニアンケートのまとめ記事で私は、「アンケートに答える人は新規アクセスでは無くリピーターの方が多いだろう」と予想し実際どうなのか、それをミニアンケートでやってみた途中経過。

アンケート回答者属性

変なおじさんと妙な兄貴まみれにてヒツジ先輩アルティメット白目。

正直ここまでリピーターが多いとは思わず、そこでは無くほぼ毎日率9割は来すぎ笑ったというやつにて、予想では毎日は3割くらいと思っておりました。というわけでPC変態率がやたら高い、自作PC率56%は納得の結果という事に。

今回のアンケートでの集計より、もう一つの属性で年代。

年代

30代以上が良い感じにバラけており、30歳未満の若者が少なめ。20歳未満と20代を合わせると4分割になれそうですな。分母の数値も書いておきましょうか。

  • 20歳未満・・・21
  • 20代・・・54
  • 30代・・・78
  • 40代・・・103
  • 50歳以上・・・97

やはり20歳未満が少なすぎるやも知れず。気にしつつ本題へ。

日常的に最も使われる端末はパソコン

ネットを最も使う端末

妥当な結果でしょう。

PC利用が最も多く97%の人がパソコンでネットを日常的に利用しており、個人所有率ではまだパソコンには及ばないスマホが低めで5割くらい。4人中で行くとPC4人、スマホ2人、タブレット1人くらいの割合。

但し複数回答なのでいくつかの組合せは当然あり、それも年代別で集計したので後で見て参りましょう。

ところでガラケーが1.1%とやたら低い原因は「インターネットを利用」なのでガラケーでネットする人は超少数派。パケットがえらいことになるでしょうな。 

所有端末はPC100%でスマホ75%くらい

所有端末

次は利用率では無く所有率、持っているなら全部チェック入れる方式。

パソコン率がまさかのパーフェクトを達成しており、さすがBTOパソコン.jpだけはございますな。95%前後と予想していたのでハズレ。

こちらは利用率よりいずれも高く出ており、なぜかは持っているけれどネット利用には使っていない、私もそのパターン。スマホはOSがWindowsなので使い物にならず、タブレットは2台あれども使わない、ガラケーはi-mode解約済。

PC所有率100%は大げさだとしても、スマホ率75%くらいならば年代高くなると下がるのでこれまた妥当な数値かと。回答者の年代が高めな割に4人中3人スマホ所有は全体としても高い方だと思った。

ガラケー4割も年代高め、男性多めな為かと。 

ネット使用頻度の高さはPCが激しく優勝

端末の使用頻度

パソコン使わない人は不在、時々PC使う人は超少数で頻繁度高し。

この回答欄だけは必須にしなかったので回答していない人も居られ、そのため項目により353件に達していないというか全部353票までは入っておりません。必須にすると回答途中に赤文字で英語の注意書きが出るのがウザかった。

パソコンが多くガラケーではネット使わない点は解るとしても、対照的なモノがスマホとタブレット。使用頻度が逆になっており、スマホは頻繁に使うけれどタブレットはそうでも無い感じに。

スマホのネット利用頻度がそう高くはない原因はおそらくアプリは使うがブラウザを開いてまで何かする機会は多くは無い感じだろうか。

アプリがネット接続しているかにもよるだろうけれども、そこは回答者おまかせなので私は知らない。

年代別デバイス別アクティブなネット利用率

まずは当サイトの調査結果より、1番の集計を年代別にしたもの。

年代別デバイス別

形は違えども同じ内容のLINE調査版が以下。

research_03

タブレットとガラケーは似ているとしてもスマホとPCの割合が逆転。

LINEの調査結果のおかしなところは40代のスマホ利用率が86%も行っており、50代が62%も高すぎましょう。また、PC利用率がどう見ても低すぎる。

逆に当サイトの方はPCが全体的に高すぎなのは認める。しかしスマホとPCを比較した時の自然さは当サイトの結果の方かと。

一体どうすればこうなるのかLINEの調査結果は不思議すぎる。 

年代別インターネット利用環境

年代別端末の組合せ

2番の集計は複数回答なので組合せをまず出し、それを年代別へ。

「ヒツジ先輩すげえな」と思ったなら私が組合せを集計したのでは無く、Googleフォームが自動で組合せてくれていたので年代別でクロス集計しただけ。

スマホのみ利用者は全世代で超少数、パソコンのみは年代が高まると高くなり50歳以上はスマホ所有率が下がるのでパソコンのみは納得。

スマホのみ以上にタブレットのみという奇特な人も超少数であり、ポストPCとかタブレットにキーボード付けて騒いでいた大手メディアが情けない。

パソコンのみとは逆にPC+スマホは若い年代ほど高くなる傾向。そしてPC+タブよりPC+タブ+スマホの組合せの方がやや多めなので、私が時々書くスマホがあればタブレット要らない説はやや成り立たないようですな。 

ガラケーのみが無い理由は、ガラケーのみでは当サイトのアンケートには回答出来ないので当たり前なのだと思う。 

 

LINEの調査とはPCとスマホが真逆の結果に

LINEのグラフに似せて作った当サイトのデータを右へ追加。

LINEの調査結果やはりおかしい

どちらが自然かは当然ながら右でしょう。

PCのみ率が高めに出ているとしても、世間一般的にLINE調査のスマホのみ46%はおかしい。未成年者だけに聞いたならこのくらいになるだろうと思える割合。

LINEの調査は方法には文句無く、サンプル数は少ないながらも700以上ならば精度は低くはないはず。何をどうしたらこうなったのか本気で解らない。

というわけで、

LINEの調査の信頼性について

「本当かよ」で合っていると思う。

| コメント(3)

リンク用ソース

コメント(3)

>ほぼ毎日率9割は来すぎ笑った
そら毎日が更新日なら、毎日が訪問日になる方はそれなりに多いのでは。パソコンに詳しい=マニアックな人、という風潮が今でも蔓延っていますし、マニアックな質問に答える気がある方もマニアックな傾向が高いのやも。

>ガラケーが1.1%とやたら低い原因
基本的に「インターネットを利用」=「Webブラウザを使ってサイトを閲覧する」ですから、その視点に立って答えるとガラケーのネット利用率は非常に低くなりますね。私的にはガラケーでLINE、メールの送受信なども立派なネット利用。電話しか掛けていないのでない限り、ガラケーでもネット利用率は30%くらい行きそうなものですが。

>パソコン率がまさかのパーフェクトを達成
Windows関連の話題が99%くらいですから、回答者の属性もWindowsユーザに偏る訳で。WindowsスマホとかWindowsタブレットとかがバカ売れするなら、もう少しパソコンの割合が下がるやも。

>スマホは頻繁に使うけれどタブレットはそうでも無い感じ
パソコン所有率が100%ですから、タブレットはどうしても「中途半端に画面が大きく携帯性が悪い大型スマホ」という立ち位置なのやも。サイトを見るならスマホで十分、タブレットはゲームや読書な方が多いのでしょうか。

>何をどうしたらこうなったのか本気で解らない
例えばですけれど

Q.インターネットを利用(サイト閲覧、SNSへの投稿など)する端末は?
A1.スマートフォン(スマホ)
A2.パーソナルコンピュータ
A3.両方

極端ですがこういう書き方をすれば、スマホ率を高めに出すことはできます。質問文が公開されていませんから、更に言えば以下でも可。

Q.自宅外でインターネットを利用する端末は?
A1.スマホ
A2.パソコン
A3.両方

自宅外=アクティブの意。

という訳で特に「スマホのみ:46%」をどうやって出したのか、私もはっきりとは分からず。

>自作PC率56%
BTOパソコン.jpですが自作の方が多いですね。
BTOパソコン使用率やSSD搭載率も調べてみるのはどうでしょうか。SSDは前回よりも普及していると思う。

>スマホのみ46%
これは正しいと思います。
インターネットを使用するためにわざわざパソコンを使うのが面倒な人やパソコンの使い方がよくわからない人にとってはスマホのみで十分だと思う。

すいません。「思う」じゃなくて「思います」でした。

あと、「スマホのみが46%」な理由ですが絶対にパソコンじゃないとインターネットが使えないわけではないのでスマホで使う人が多いと思います。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。