パソコンの性能と容量に関する調査結果(2017年10月)

2017年11月 2日

PC性能&容量アンケートの結果発表。

必要な性能や容量は人それぞれ。用途や割ける予算で変化するだろうとしても、全体的にどの辺りが中心になっているのか聞いてみたかった。全5項目、836件の回答を戴いております。

ご協力有難うございました。

パソコンの性能と容量に関する調査結果

CPUから参りましょう。

1.CPUの必要なコア数は4コアが過半数

bto-minires-01-cpucore

クロックとかインテルとか言い始めるときりが無いのでコア/スレのみ。

さすがにシングルスレッドで良い率は見えないほど低く、それ以前に1コアCPUを探す方が難しいでしょうな。現代では最低でも2コア、その2コアで良い率は低く数値表記されていないので見て来ると6.2%。

最多はこれまでのデスクトップPC用メインストリームなCore i7に相当する4コア/8スレが3割を占めており、同じくらいの割合でCore i5相当の4コア/4スレでOKな率が高く、合わせて6割くらいの人が4コア欲しいと申されております。

となると、2ch(まとめ)で頻繁に見かけるCore i7かi5かの議論を見かけるアレは結論出ないはず。

最もコア数を多く設定した6コア/12スレ以上率が1割超え。これはまだ6コアを体験した事の無い人が多いとか、価格的に無茶振り過ぎるなども考慮して遠慮された結果かも知れないと思った。

というわけで、当サイトのアンケートに答えてくれるようなPC変態な兄貴達のおすすめは4コア以上、という事になりそう。

但し、自作ユーザ過半数、ゲーマー多数と思われるので真に受けず、自分の用途に合わせてオーバースペックしまくらないよう賢い買い物を。

2.必要なメモリ容量は圧倒的8GB以上

bto-minires-02-ram

予想外の結果と思った、8GBが最多で次は16GBという一体皆さん何と戦っておられるのか謎な大容量。Chromeブラウザかな?とも思った。

8GB以上率は合計で8割オーバー。4GB以下で良い人は1割にも満たない6.7%となっており、4GB未満でも良い人はゼロ。Windowsが64bitになり結構歴史が長くなったので4GB未満は今更無しなのか。

メモリと言えば価格の高騰が止まらず、2017年10月現在は1年前の2倍くらいまで跳ね上がっており、8GB8千円も当たり前。どこまで値上がりし続けるのか、または下がり始めてくれるのか。私の予想ではまだまだ上がると思う。

32GBは7.8%、64GB以上は2%なので32GB以上も必要と思っている人は1割。この数値が高いか低いかといえば個人的には高いと感じております。

ちなみにわからないと答えた人は1人で少ないと思った。

3.起動ドライブは約9割が512GB以下でOK

bto-minires-03-drivec

これまた意外だと思った、起動ドライブは512GB以下でOKが約9割。

回答は意図的に2分させておりミスっているわけではございません。どちらかと言えば512GB以下か1GB以上かで分けた。ここまで512以下が多いならもう少し下を刻むべきだったか。

SSDもメモリ関連なのでやはり値上がりし続けており、昔の500GBクラスが250GBの価格まで値下がりして来たと思えば現在は逆行しており、今の250GBは最安当時の500GBの価格帯に近付いております。

起動ドライブが512GB以下で良いという事は世間一般に当てはめるとデータ量が500も無い事を意味していそうだけれども、当サイトでの調査なので多くはSSDを指しているはず。

ならばSSDは500GBくらいまでが売れ筋になるはずなので、メーカーは1TBとか2TBをやらずとも500GB前後を大量にさばいて値下げして欲しいところ。

最近は富士通の秋冬モデルが全部SSD搭載のように大手PCメーカーもSSD化が進んでいるけれど、高騰中なので時期が悪かった。と思ったものの、富士通とかNEC買う人は数千円程度は気にしないのだろうとも思った。

ちなみに私も512GB以下で結構と言いたいけれど価格次第でもありましょう。1TBが1万円、500GBが8千円なら1TBにする。

4.グラボ予算は結構まばらで不要派最多

bto-minires-04-vga

不要派最多約3割は見方を変えたならグラボ不要率は3割程度でしかない。

グラボ必要な人は比較的低価格といえる2万円前後が最も多く、価格が上がるにつれて割合が減少しております。ぱっと見では6万円までが需要高く、8万円前後からは少数に。

これはあくまで予算、出せる金額で答えてもらっているので本当はもっと上を目指したいかも知れない。私もその類で、CPUとグラボはそれぞれ2万円台までと決めているので28.9%の中。本当は5万くらいかけてみたい。

懐具合以外にどのくらいゲームなど3Dでぬるぬるする時間や重要度が高いかも関係しているでしょうな。

普通の人に23型フルHDモニタ3台とか要らないだろうし、2万円以上するキーボードとか1万円以上のトラックボールとかまず要らないと同じ。

私はブログ書いている時間、パソコンの前に居る時間が長過ぎるのでモニタや操作系に金をかける。ゲーマーならゲームする時間が長いほどグラボには予算ぶち込むべき。

問題はグラボの寿命。3年も経てば故障しなくとも当時のハイエンドな10万円グラボがミドルクラスの5万円と同等とか、それ考えると2~4万円のグラボを2~3年で買い替えたくなってしまう。

5.ケースは約半数がミドルタワーで良し

bto-minires-05-chassis

ラストはケース、約半数がミドルタワーでよろしそう。

大は小を兼ねるとしてフルタワーでも良い気がするけれど、無駄に背が高く無駄に価格も高い辺りが難点。しかも種類が限られるのでこれといったケースに巡り会えない以前に要らない。

予想外に多いと思った大きさはミニタワー。ATXより少し背が低いだけで特に省スペースなわけでも無く、載せるマザーの種類が減ってしまうので何故なのか?と思うのはPC自作する人間の感覚でしょうな。

私の周囲というごく限られた範囲では、自作したりゲームする人は全員ミドルタワー。過去にドスパラやパソコン工房、マウスでBTOパソコンした人はほぼ全員ミニタワー。

それらのメンテを頼まれる私にとってはマイクロの方が軽いし中身も詰まっていないので楽だけれども、無理やりのごとくグラボ挿すとかはパーツ交換の際に掃除しづらいのでやめて欲しい。

それにしてもスリムケースの少なさが圧倒的、数値見ると3.2%。小さいモノ好きな人は6.2%。これらはこだわらない派よりも低い数値なので、スリムや小型PCは個人向けとしてはウケないのか。

自作マニアやPC変態が多いので偏っていると見るべきか。


以上。結果発表日をスルーしてしまえども独自調査結果のページからリンクするので見逃した際はこちらからどうぞ。

| コメント(2)

リンク用ソース

コメント(2)

>4コアが過半数
一般的なPCが欲しければ完成品を買えば良い訳ですから、自作PC派は自然と高スペック志向が強くなるでしょうね。しかし1割が6コア以上を「必要としている」とは驚き。10人中1人以上がゲーマーとは思えませんし、欲しい、ではなく必要とする用途が何か、少し気になるところ。

>4GB以下で良い人は1割にも満たない6.7%
そら4コア以上が必要なユーザは70%くらいなのですから、メモリは4GB以下でもOKな方は少なくなるでしょうね。

>32GB以上も必要と思っている人は1割
メモリを積めば積むほどPCの動作が速くなると思っている方ならともかく、このアンケートに答える方々はそんな訳が無し。通常用途で16GB以上のメモリが必要になる状況はありませんから、楽天リサーチでもとれば32GBマストな層は5%にも届かなそう。

>起動ドライブは512GB以下でOK
回答者の7割くらいは「Cドライブ:ほぼOSだけ」「Dドライブ以下:データ用」となっている気配が濃厚。基本的にSSDは半分くらいは空き容量のまま運用した方がよろしいらしいので、本来的に必要なCドライブの容量は256GBくらいでしょうか。

>グラボ不要率は3割程度でしかない
CPUは4コア以上を選びつつ、グラボは3割が不要、ですか。メーカは「Core i5~i7搭載、グラボは無し、SSDは256~512GBで税込み9万円」くらいのモデルをたくさん出すべきやも。

>スリムケースの少なさが圧倒的
個人的には「小型」なら「キューブケース」ですね。スリムケースは小型ではなく薄型。側面はある程度のスペースを空ける必要がある以上、ミニタワーと大して専有面積は変わりませんし。

>4GB未満は今更無しなのか
流石にメモリが2GBだと動作が遅いですしウェブサイトの閲覧が限界だと思います。

>コア数は4コアが過半数
第8世代のi5i7は6コアなので数年後は6コアかもしれません。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。