パソコンは今の形や操作が変化する必要はあるのか?

2017年6月19日

素朴な疑問。

マイクロソフトがタッチスクリーンを搭載したかと思えば2in1というノート兼タブレット型PCへと発展し、更にはダイヤルやペンというキーボード+マウス(タッチパッド)以外の操作方法も出ている現在。

それらは本当に必要なのだろうか。

まず、パソコンという物はいつから今の形になったのだろうと調べてみると、世界最初のパソコンと言われる1974年発売のAltair 8800、この時点で既にモニタ+キーボードの組合せ。

Altair-8800

source:On December 19 in history: Altair 8800 — the progenitor of the personal computer

電子計算機の操作用としてキーボード、結果表示用としてモニタ。

この形は私が知る限り、今のMac OSやWindowsのようなGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェイス)になるまで続いていたはずなので、時期が曖昧だけれども1900年台の終わり頃まで。

その後、OSがGUIになりキーボードのみでは操作効率や方法として適していると言えず、ポインタが表示されマウスで動かす仕組が一般的に。

キーボードとモニタの組合せは40年以上、マウスが追加されて20年少々、現在のパソコンも同じ形で在り続けているわけですな。

ところがマイクロソフトのやっている事はマウスをタッチパネルへ置き換え、キーボードをペンへ置き換えようとしている。果たしてパソコンにそのような形が必要なのか激しく疑問。

CUIに必要なものはキーボードとモニタ、GUIに必要なものはマウスの追加。ペン、ダイヤル、タッチ、他にもペンタブレットやゲームパッドなどは誰もが必要とはしていないはず。

というわけでこちらの記事、HPの思考回路も疑問。

日本HPが考える“新しいデスクトップPC”の近未来 - ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1706/15/news074.html

Sprout-Pro-by-HP-G2

モニタ上部の黒い部分は3Dカメラ、下の丸は3Dスキャン用の台座、その下の白いマットのような物は20点マルチタッチ対応のタッチマットという物らしく、このような形が新しいデスクトップPCとの事。

3Dと言えばVRやARもそうだけれども、これらはペンやダイヤルやゲームパッド並に必要である人間を選ぶものでは無かろうか。例として私はゲームパッドは必要、しかし私の周囲でゲームパッド必要な人の率は1割も居ないと思う。

それと同様、3Dカメラや台座とかタッチマットが必要な誰にでも必要な物では無く、これが新しいデスクトップPCと言われてもキーボードとマウスを返してくれなければまともな使い物にはならないと思う。

メールを打つためにマットをタッチしてペンで書けと言うのか。画像を横800ピクセルへ縮小するためにタッチ操作でピンチイン(指2本で縮小)しろと言うのか。

Windows版PhotoshopならCtrl+Altを押しながら「I」キー->800と入力->Enterキーにて2秒くらいで正確に操作可能なものをタッチ?その後、Ctrl+Shiftを押しつつ「S」キー->Enterで上書き保存、ここまで4秒くらいもそれ以外の操作で?

もちろんHPも一般向けとして販売しようとは思っておらず、普通のPCに対するグラボ搭載ゲーミングPCのような別の使い方向けではあるものの、20年以上続いた形を今なぜ変化させたいのかが解らない。

特に現在のマイクロソフト。

パソコンは今の形や操作が変化する必要はあるのか?

モニタとキーボードでパソコンは完成、OSがGUI化しマウスが付いて完成、そう思っているのは私だけかも知れないので皆さんにもお聞きしてみたい。

パソコンは今の形から変わる必要があるか聞くと「無い」になるだろうから、今後、キー+マウス+モニタからパソコンの主流が変わると思うかとしましょう。

具体的には私は絶対に来ないと踏んでいる空中ジェスチャー操作になるとか、マイクロソフトのHololensのように現実の空間へモニタを合成するとか。

空中操作

source:マイクロソフトがキーボードやマウス、モニターを終わらせる日は近い? | ReadWrite

指先の触感とかそれ以前の問題で、「腕が疲れるだろ」で終わる。Hololensも「PC使う時に毎回ゴーグル着脱するのか?」という疑問。ここまでは一例として、他の形でもパソコンが変化すると思われるか。

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。

リンク用ソース

コメント(2)

私はまだ人生の半分はPCを使っていないため、PCの完成形が今の形だ、という確信は無いです。現在の「キーボード&マウス&モニタ」が、PCの操作機器としてベターだとは思いますけれど。

>ダイヤルやペンというキーボード+マウス(タッチパッド)以外の操作方法
それらはいわゆるロングテール、需要の低いアイテムだと思います。バイクにおけるサイドカー並に。低い需要にも答えるという姿勢で、ラインナップに加えるのは良いことですが、それをメインに持ってくるのは止めろと。

>下の丸は3Dスキャン用の台座
机の上で焼肉でもしているのかと思いました。上に乗っているのは、ゾウの模型ですか。簡単なスキャンなら台座不要で手に持って読み取りOKとありますが、こんなPCを買う方が、台座を使わず精度の低いスキャンで満足するわけねーだろ馬鹿か、と。スキャンは台座を必ず使うよう限定すべき。要らん機能を盛り込むから、無駄に価格が上がる例。

>空中ジェスチャー操作
これ以上モニタから離れろと。19~21型くらいの小型モニタを愛用している方、PCを操作する度にモニタから離れる必要があって面倒そうですね。

>モニタとキーボードでパソコンは完成、OSがGUI化しマウスが付いて完成
それを打破するためにいろいろ試行錯誤している可能性が無いことも無いですが、金を払って実験台にされるのは御免こうむる方が多いでしょうね。私は人体実験が好きなため、人柱になるのは好きですが。

メインマウス(廃盤)の後継探しもなかなかこれだというのに出会わず

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。