Windows普及率、10が7抜くも停滞気味(2017年9月)

2017年10月 6日

Windowsシェア9月分。

Googleからの嫌がらせにより順調にアクセス数が低下中。しかしこの集計は確か月間2~3千セッションの頃からやっていたと記憶しているので、まだ精度は落ちないだろうと考えております。

1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

アクセス総数をGoogle Analytics(以下、GA)より。

  • 349,089・・・セッション
  • 260,678・・・ユニーク

ここからのデータは当サイト(BTOパソコン.jp)のブログ部分、携帯電話(ガラケー)用ページを除くセッション数が基準。

 

Windowsバージョン別の利用率

GAより、Windowsのバージョン別シェア。

Windows利用率

遂にというかようやく10が7を上回っております。但しその差は0.05%なので誤差とも言える僅差であり来月どうなるか。しかし初勝利には変わりなし。

推移。

推移

4月のVistaサポート終了が結構効いているご様子。XPを下回った。

その根強いXPも1つ前の画像で分かる通り1.08%まで落ちており、早々に終了&ほぼ強制で8.1へアップグレードされたらしい8は1%切り。8.1は1年以上安定した横ばい。10へ無償アップグレードしたくなかったか8.1の方が気に入っている人も少ないながらも存在。

7と10はここ3ヶ月停滞、この調子が続くとどちらも45%付近。しかし今年1月に停滞し、突然上向いたような同じ事が起こる可能性はありそう。

前月差は2ヶ月連続の停滞を表しております。

前月差

発売後の期間で対決。 

発売後期間別

3年間で7に勝つか負けるか微妙な推移。

 

Windows 10ユーザのEdgeブラウザ利用率

7と10が同じくらいのシェアになったので、改めてブラウザも見て参りましょう。

まずは全体、モバイルも含まれており、期間は昨年10月1日より今年の9月末までの1年間としております。

brshare-edge-201610-201709

Edge利用率上がりませんな。歴史が浅いのでまだ普及していないとも言えるけれど、それにしてもWindows 10が7と同じくらいのシェアにも関わらず5%行かないとかどうなのか。

10ユーザのみにしてみた。

brshare-10user-201610-201709

不思議な事に半数くらいがIEを利用。

何が不思議かは、10でIEを起動するには奥深くに隠されたIE11を手動で探した上に普段使いするならショートカットも作らなければならない、知識と手間が必要。

当サイトは自作PCユーザやPCゲーマー、パソコン詳しい人が多め。10率が他のサイトの統計より多めに出ているので、IEを取り出せる人が多いのか。しかしPCマニアが多いならIEでは無く他のブラウザが多くなりそうという矛盾。

とりあえず最新のEdge率は16.39%なので、10ユーザの6人中1人くらいしかEdgeは使われていないというお粗末な結果に。

推移も出してみた。

brshare-edge-ex-201610-201709

増えているとも減っているとも言えない微妙な推移。左と右では右の新しいデータの方がEdge率高いとも言えるけれど、中央から右、半年くらいを見ると少し減っているように見えなくもなし。

10にした後に使ってみれば分かるけれど、IEと同じくらい固まるわクラッシュするわ+手書きとかMSNニュースが出るなど余計な機能を追加したブラウザがEdge。

使える拡張が多く、安定しているChromeやFirefoxを使わずEdgeにする理由が特に無い。

 

Windows 10普及率の予測グラフを追加

こういうものも作ってみた。予想。妄想。圧倒的フォーキャスト。

予想

Windows内での10シェアを無償アップ(グレード可能だった)期間とその終了後、2系列に分けてグラフ化し、無償終了後に近似曲線の線形を加えた。

現状の流れで行くとWindows 7サポート終了予定の2020年1月の前月にあたる2019年12月には10シェアが60%強まで行く皮算用。

線形(赤い点線)の右端が最低値になるであろう根拠は、2019年からXPサポート終了祭りのような状況が再び起こる可能性が高く、その増量分までは予想出来ないので右の1年くらいは大きく上向くだろうと思われるため。

XP終了直前、2014年4月のXPシェアは約20%なので、7が2割まで落ちたなら終了月の2020年1月には一気に7が1割以下に・・・ならない気がするので今回はこれにて一旦終わり。

| コメント(3)

リンク用ソース

コメント(3)

>但しその差は0.05%なので誤差とも言える僅差
来月は1.5%くらいWin10が上回ると予想。夏のボーナス時期でも大した伸びは見られなかったため、伸び率1%はやや多めですが、そろそろWin10がシェアトップをキープしても良い頃。

>Edgeブラウザ利用率
私もEdgeはほとんど利用していません。デメリットがある訳ではありませんけれど、あえて選ぶメリットが無いですし。しかし「利用率が低い=攻撃を受けにくい」という理論からすれば、過去とは逆に危険なサイトこそMS謹製のEdgeで行くのが正解になるやも。

>奥深くに隠されたIE11
現状のWin10だと「スタート→Windowsアクセサリ→Internet Explorer」ですね。面倒なら「Windowsボタンを押したらieと打ってエンター」でもInternet Explorerは起動できますけれど。

>IEと同じくらい固まるわクラッシュするわ
私のWin10環境ですと、IEもEdgeも固まったりクラッシュしたりは起こりませんね。使い方が悪いのでしょうか。

>不思議な事に半数くらいがIEを利用。
10ユーザーのグラフの半分が青になっており、左を見るとChromeが青みたいなので、正しくは10ユーザーの半数がChromeを利用しているってことでは?w
同じように緑のIE、黄色のFirefox、水色のEdgeが続きますw

>不思議な事に半数くらいがIEを利用。
クリーンインストールされたPCであればIEを探すのが多少の手間となりますが、無償アップグレードされた方の場合、旧OSでタスクバーに固定・あるいはデスクトップにショートカットを設置しているとアップグレード後もそのまま表示されます。
つまり、パソコンに詳しい人がわざわざIEを使っていると言うよりは、アップグレードした方が継続して利用していると言ったほうが正しいのではと…

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。